無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2024/05/18

ロケットストーブ

ロケットストーブを衝動買いしてしまった。

もともとは庭で焚き火をしたかったのだが、煙が出て隣家に気をつかう。燃やすのは割り箸や剪定木などわずかなので、10分20分でいいのだが、その間も煙が流れないかとヒヤヒヤしっぱなしだ。そこで、なんとか煙の出ない焚き火を模索していた。ロケットストーブは頭に浮かんだのだが、自作しようと調べると結構な手間と大きさになってしまう。そんなデカい焚き火をするわけではないのだ。

そう思っていたところに、非常に小さくコンパクトなロケットストーブが、Amazonに出ていたのである。

そこで、ほとんど衝動買い。

20240512-124042

まず割り箸を燃やしてみる。最初に少し紙を入れて(天ぷら油を少しだけ垂らした)火をつけてから割り箸を挿入。

それが面白いように燃える。そして煙は、ほとんど出ない。これは見事だ。割り箸ほど乾燥して焚きつけにもってこいの木片はない。使い捨て割り箸処理機としても優秀であった。何しろ我が家は割り箸を日常的に使っているからね。たまってくると悩むのだよ。

その後に剪定木を少しずつ突っ込んだ。これもよく燃える。多少生乾きのものもあったが、燃える燃える。そして煙はほぼ出ない。

2_20240518201401

暗いから、すごい炎が立っているように見えるが、実際は一瞬。

4_20240518201501

周囲が暗くなると、炎も見えなくなるだろう。剪定木は今後少しずつコツコツ燃やしていこう。一気に燃やすのが惜しくなる。
そして残された炭は庭の畑に撒いた。多少の土壌改良効果を期待して。

20240515-083018

剪定したのは、主にみかんの木。剪定後によく枝と若葉で出てくれた。そして花盛り。

20240515-083130

花には、ニホンミツバチも来る。みかんの蜜のハチミツが欲しくなる。今度、生駒産ハチミツを買いに行こう。

2024/05/17

『盗伐』の広告

とうと『盗伐 林業現場からの警鐘』の広告を新聞に打つ。

2024515

これは読売新聞5月15日号に打ったもの。たまたま空きがあったとかで急遽なのであった。

コピーは、
「日本の林業現場、世界の森で何が起きているか?」
「宮崎県のほか全国で頻発する大規模で組織的な『盗伐 林業現場からの警鐘』、違法伐採の実例をもとに、日本だけでなく世界に広がる違法伐採ネットワークを暴く」

なかなかいいんじゃない。。。と読んで思って、ああ、この文章私が書いたんだわ、と気付く(笑)。

ところで、この広告、本当は宮崎日日新聞に打つ予定で準備していたものだった。こちらは5月25日だったかな。宮崎県の書店に『盗伐 林業現場からの警鐘』が並んでいないのはオカシイと訴えてきた。相変わらず見かけたという報告はない。しかし地元紙に広告が打たれた本、それもコピーに宮崎県という言葉が入っているにもかかわらず置かないでいられようか。。。。という魂胆なのだ。さて、どうなるかな。

これでも書店に置かないとなると、陰謀論に与したくなる。

ほか、いくつかの新聞に予定されているので、じっと待とう。

2024/05/16

遵法精神がない業界~森林組合の犯罪

盗伐 林業現場からの警鐘』の7章に「遵法精神の欠如と事なかれ主義」という節を設けた。

ようは林業界、それに木材業界は遵法精神が弱いということを記した。それが盗伐につながっていると。

異論が有ったら、おおいに声を上げてほしい。そして記事に書いた事例を否定してほしい。私も受けて立つ。

20240516_163408

まあ、こんな本を出しているからなのかどうか、時折チクリメールが来る。今回も来た。

それによると、某梨県の某森林組合は、森林所有者に無断で架空の契約書を作成し、偽造した経営計画委託契約書を自治体に提出して造林補助金を取得しているという。当然ながら経営計画の契約内容も、まったくのデタラメである。そのことに気付いて組合幹部に報告すると、「みんなやっていること」とたしなめられたそうである。

さらに盗伐もしていて、その丸太を市売りして代金をせしめているし、その丸太を加工して商品づくり(つまり元手ゼロ)もしているそうだ。組合の横領額は1億円を越えている。そうしたことを発見して訴えたが、すべて口をつぐんでいる……。

こうした告発が私の所に来ているのだが、不思議なことに、そのメールに返信しても「送信エラー」が出た。つまり送れなかった。メール本人の名前もわからない。このチクリ内容が正しいのかどうかは、奈良にいては調べようがない。

さて、どうするか。こうした案件は、裏取りが非常に難しいうえに、距離的にも私が追跡して調べるのは無理がある。地元のマスコミ、ジャーナリストが動くべきだろう。もし、やる気がある人がいるなら連絡をほしい。メール先とは途切れているが、調べるヒントぐらいは紹介できる。

 

ちなみに、この手の話、ここ一カ所だけではないからね。ほかにもいっぱい私の手元には寄せられている。森林組合や林業事業体だけでなく、木材業界も一緒。補助金詐取に産地偽装、樹種偽装、製材寸法でたらめ、さらに木材の束に「あんこを詰める」話、そして緑の雇用不正まで。全部追求したら、日本で合法の林業事業体はなく合法木材も存在しなくなるかもしれない。

拙著の中でも、冒頭の節以外にも各所に散らばって事例を紹介しており、「遵法精神の欠如」を証明している。ここだけでも読む価値あり(笑)。

ほとほと、日本はどこも裏金まみれだなと思う。

 

 

2024/05/15

『盗伐 林業現場からの警鐘』の書評紹介

私の手元に届いた『盗伐 林業現場からの警鐘』の書評(の一部)を紹介しよう。

まず信濃毎日新聞(5月11日)掲載分。

24511

ネットでも、登録すれば読めたのだが、やはり紙面で読みたいものだ。

武田さん、私がひっそりと仕込んだ「東京都心の街路樹や緑地の木を何本か伐る計画が発表になると大騒ぎになる」という文言を拾いだしている。私は神宮外苑計画で騒いでいる人々に対して皮肉を飛ばしたのだが、まさにそれを掬い上げたわけだ。盗伐は、そんな次元ではないのだ。

ただ皮肉の上塗りをしておくと、実は地方の森林地帯に住んでいる人、さらには林業家も同じだと感じている。自分の山を勝手に伐られたら怒るが、果たして他人の山なら嘆くだろうか。盗伐に限らず、純粋に木を伐ることで生態系など環境がどうなるか、劣化するとしたら、それで問題はどうなるのか……ということに興味を示す人は少ない。

次は、週刊東洋経済(5・18号)。こちらもネットでは読めたのだが、やはり紙面で……(以下、略)

24518

私の林政批判を取り上げてくれたね。何でも社会が悪い、という言い方はしたくないが、少なくても木材生産量を増やすことに血道を挙げて、森林環境破壊に目をつぶってきた責任はある。林野庁も業界脳になっており、「林業のためなら森林は破壊してもいい」思考に陥っている。そこに付け込んだのが盗伐者であり、対策に動きを鈍くしている。

でも批判すると、余計にこの話題からそっぽを向いて、盗伐対策をしなくなる恐れもあるんだよねえ。。。。

取材を受けていると、「盗伐をどうやったらなくせるの」と聞かれるのだが、まあ悪い奴はいくらでも出てくるわけで、完全になくすのは無理だろう。ただ違法木材で儲からないようにすること、つまり違法木材を売れなくすることが第一。そして、常に行政が目を向けていることが必要だろう。

実は今、森林環境譲与税の使い道についての事例集や研究を読んでいるのだが、先に結論出すとしたら、盗伐をさせないような専門人材の育成をこの税収でやってもらいたいと思っている。

20240515_172845

盗伐の最終章には、こんな文言も、ひっそり仕込んでいるのだよ。奈良県フォレスターは盗伐対策に最適! そして奈良県フォレスターの養成と雇用は、森林環境譲与税を活かしているのである。

 

 

 

2024/05/14

Wedgeに「都会にも増えるクマの出没……」を書いた裏事情

(いつもはYahoo!ニュースをアップした際に書いている「裏事情」シリーズ、今回はWedge on line」でもやってみた)

Wedge on line に〈都会にも増えるクマの出没〉生息地の環境悪化が原因じゃない、動物たちが人里に来るワケを大解剖を執筆しました。

これ、書いて納めたのは黄金週間明けなんだけど、本日アップ。ところが、その前日に、こんな記事がYahoo!ニュースにあって

市街地のクマ対策で秋田県の佐竹知事 市街地での発砲も可能とする猟銃の弾力的な扱いを国に要望へ

こちらにコメントをつけた。もちろん別の記事、別のテーマなのだが、出だしが同じ話題。

Photo_20240514171501Wedge記事

Photo_20240514230101

私としては、一度の執筆用資料調べで二度美味しい……わけである。それに「都会に憧れる野生動物」というのは、私にとって『獣害列島』で予言したテーマで、それが見事的中した事例になった。逆に言えば、『獣害列島』の出版は、ほんの少し早かったか。今ならもっと注目浴びたのになあ。

ともあれ、これまで億劫がっていた自身の仕事の拡散を、もっと積極的にやっていこうと思ったのでありました。

 

 

2024/05/13

「盗伐」リモート出演つづき

本日は文化放送の「大竹まことのゴールデンラジオ」に出演、リモートで。

まあ、無難にこなせたとは思うが、やはり直に顔を合わせないとは寂しいなあ。でも阿佐ヶ谷姉妹、それに大竹さんも、小さな画面に向けて手を振ったりしぐさで、ゲストを盛り上げるよう気づかってくれる。そうしたところに芸人の本性を感じるね。

20240513-140901

こんな感じ。ラジオ放送のスタジオ眺めながら話していた。なんと、すぐにポッドキャストにアップされていた。

「盗伐 林業現場からの警鐘」【田中淳夫】2024年5月13日(月) 田中淳夫 大竹まこと 阿佐ヶ谷姉妹【大竹メインディッシュ】

わりと、まっとうな展開だった(~o~)。宮崎の討伐現場から日本全般の盗伐そして林業問題へ。さらに現場から林政の問題へ。そして世界の違法木材へ。その対策と日本のていたらく。

終わると、やはりヘトヘトに(>_<)

 

その後、またもリモートで北海道新聞の取材を受ける。リモートの「盗伐」はしごでした。こちらが載るのを楽しみにしよう。

 

 

 

 

 

2024/05/12

平群メガソーラー予定地を見る

しばらく触れなかったが、奈良県平群町のメガソーラー建設計画。知事が変わったら止めてくれるかも、という淡い期待を見事に裏切って、県はむしろ推進姿勢を取っている。

奈良県が止めたメガソーラー計画の現場から見えてきたもの(田中淳夫)

メガソーラー、デタラメ申請を通す奈良県の不可解(田中淳夫)

さて、この問題に置いて地元の「平群のメガソーラーを考える会」は、県を相手取って裁判を起こしている。デタラメ計画に許認可を下ろしたことを問うているのだ。

おそらく今年中に判決が出る予定である。また判決前に工事の停止の仮処分申請を出したが、これは通らなかった。原告側は、理路整然と計算間違いなどを指摘しているのだが、裁判所の判事は、おそらく数式まじりの書類が示している内容を理解できなかったのだろう。

別に皮肉で書いているのではない。『盗伐 林業現場からの警鐘』の執筆時に各種の裁判事例や裁判官、検事、警察などの行動を元に彼らの判断基準や発想をあれやこれやの資料から探ったのだが、実に彼らは仕事をしたくない、増やしたくない、社会に波紋を広げたくない……という意識が強いことを感じた。自分の判決で行政が騒がしたり、政治が不機嫌にしたりすることを嫌がるのである。
そして思いの外、自分の主義主張や都合を押し通す。リベラル嫌いならリベラルには厳しい判決を出す。労働組合内の犯罪なんて、そもそも被害届を受理しない。そして捜査や審議の面倒くさい案件は、なるべく扱わない。判断を先送りする。
法律さえ違反していなければいいんじゃない?とも考えている。そして法律の解釈は司法関係者が自らの意志でねじ曲げられる。憲法さえ、180度違った解釈できるんだもの。お手の物だ。まさに司法オタク。

と鬱憤を吐き出してから、メガソーラー工事現場を訪ねた。土日は工事をしていないから侵入、もとい見学できるかなあ…と思って。

残念。なぜか工事は進行していた。週末は働いたらイカンでしょ。働き方改革していないんじゃないか。こっちでも訴えたい。

3_20240512120701 5_20240512120801 10_20240512120801

もっとも、現在の工事は調整池の建設である。山の木は全部伐ってしまったから、放置すると降水が山肌を削り土砂を流す。まあ、この調整池の容量が必要量を満たしていないという点でも問題なのだが、とにかく建設しないと、余計に災害の恐れが増す。その点では、工事は行われた方がよい。

しかし、改めて生駒山の地質は花崗岩の放火した真砂土だと感じた。落ちている土はボロボロだ。多少の雨でもガリが発生している。どう見ても危険地帯だが、ここに盛土をするつもりらしい。

入ってないよ、工事現場には。入ってないってば。……ということにしておく(^^;)。

2024

グーグルマップより。

2024/05/11

『盗伐 林業現場からの警鐘』書評、続々

明後日13日に文化放送に出演して、『盗伐 林業現場からの警鐘』を取り上げてもらうと紹介したが、その前に書評が続々と載りだした。

まずは信濃毎日新聞。私が目にしたのはデジタル版だが、有料会員記事になっている(^^;)。が、無料でも登録できるみたい。本紙記事が届くのを待つか、待ちきれずに会員登録してしまうか。

Photo_20240511194701

書評『盗伐 林業現場からの警鐘』(田中淳夫著)日本各地で異様な事態が横行 

次に「読書メーター」以前も紹介したが、2本目が載った。ちょっと一部引用。

2024年。持ち主の知らぬ間に山の木が根こそぎ伐採される。補助金で購入した重機で。雨が降ると土がいっきに流れ出し、元通りにならない。気付いて止めに行っても、誤って伐採したと言えばほぼ罪に問えない(最近変わってきた)。狙った森林があると、一部の権利を取得するか捏造して機械を持ち込み、何千本という木を盗み、境界を誤って伐採しちゃったと示談に持ち込む。価格は通常価格の何十分の一くらいで済まそうとする。……

そして、「ブクログ」にも。

兄が相続して山を持っているので身近に感じたせいかもしれませんが、怒りながら読みました。宮崎県の盗伐の例を挙げられていて、こんなことがまかり通っていいのか、とずっとプンプンしながら読みました。盗伐した業者の言い訳、木が盗まれているのに警察が動いてくれないジレンマ、消極的な行政…。こんなの許されていいのか、ということばかり。……

今後も予定があるので、乞う、ご期待。

そういや、Amazonには誰も書いていないなあ。誰か、お願いします。

追伸・週刊東洋経済にも掲載された模様。

Photo_20240511203801

詳しくは、また。

 

 

2024/05/10

「母の日」の黒歴史に寄せて

5月7日にYahoo!ニュースで「「母の日」提唱者と花卉業界が繰り広げた確執の黒歴史」を執筆したことを、ブログで告知するのを忘れていた(´_`)。

別に義務ではないが、拡散する気合が入っていない。まあ、明後日が今年の「母の日」だから、遅ればせながら紹介しておく。

ここでは母の日とカーネーションについて書こうと思っていたら、なぜかたどり着いたのが提唱者であるアンナ・ジャービスと花卉業界の確執なのであった。そもそもアンナが母の日制定に向けて動いた際は「白いカーネーション」をシンボルにしていたのに、花卉業界はそれで白いカーネーションの価格を30倍にも引き上げたとか、足りないから赤にしよう(城は亡くなった母)とか、結構いい加減なキャンペーンをしていたらしい。

もともとカーネーションは高貴な花としていたのが、今ではカジュアル・フラワーとして安く大量生産型になっている。別に悪いことではないが、花卉業界の都合に振り回された感はあるだろう。

話は変わるが、日本にも大正時代に入った頃から花卉業界が成立しだすのだが、その立役者の一人が土倉龍次郎だ。カーネーション栽培を大型温室でに取り組み、大量生産の基礎を築いた。

たまたま手に入れた資料に、龍次郎の名前が登場する。

1_20240510170401

2年前に、東京、大田区郷土博物館でこんな企画展があったらしい。そのパンフレットだが、その一部にかろうじて龍次郎の名が。

2_20240510170501

よく読んでほしい。龍次郎は目黒区の住人だからか、あまり大きく紹介していない(^^;)。それでも、先駆者だったことはわかるだろう。
ちなみに龍次郎探索をいよいよ復活させるが、後半生の園芸家としての龍次郎にはまだまだ謎が多い。

 

2024/05/09

13日「大竹まことゴールデンラジオ」出演予定

若干早いけど、告知させていただきます。

文化放送の「大竹まことゴールデンラジオ」13日放送に出演することが決まりました。

Photo_20240509165201

この番組は昼の13時~15時30分の放送だが、その中の「大竹メインディッシュ」というコーナーらしい。時間的には14時25分~50分くらいに出演する。

そして肝心のテーマだが、なんと『盗伐 林業現場からの警鐘』を取り上げてくれるというのだ。この本を取り上げるのか、盗伐問題をテーマとして取り上げるのかはまだ知らない(^_^) 。とにかく生放送なんで、私にもどういう展開なのかわからない。

実際は、スタジオには行けないのでZoom出演……と言っても、ラジオなんだから顔が出るわけではなく、パーソナリティ(大竹氏と、この日は阿佐ヶ谷姉妹らしい)と画面越しに顔を見るということか。とにかく電波に乗るのは声だけである。

『盗伐 林業現場からの警鐘』を出版してから最初のマスコミ出演というか(ネット以外で)本の紹介ということになる。

なお放送エリアは文化放送だから関東圏と西日本放送、高知放送のエリアらしいが、ネットでも聞けるはず。またYouTubeにも配信されると聞いた。細かなことはよく知らないのだが。

なお、今後いくつかの新聞などに書評が掲載される予定はあるので、それらは順次紹介する。

 

 

2024/05/08

タケノコもどき退治

連休明けの雨上がり明け。いよいよタケノコ最終シーズンである。

そこでタナカ山林を訪れると、想定どおりの状態に。

1_20240508163701 2_20240508163701 3_20240508163701 4_20240508163701

竹一歩手前というか、タケノコもどきというか。

こうして伸びたところを叩き伐るのが、もっとも竹にはダメージになる。伸びるのにエネルギーを使った後だから。こうして竹退治をしておけば、あまり雑木林に延びてこない……かどうかはわからない(^^;)。竹にはなっても、スコップで叩くと、簡単に伐れて折れる。それが楽しい。なんか怪力になった気分。

ただ、こんな竹もどきでも、実は食べられる。今回は採取をしなかったが、経験的に伸びた竹もどきの穂先の部分は十分柔らかく、食せるのだ。

代わりに、まだ地上に顔を出したばかりのタケノコを3本収穫。これで自家用には十分だろう。

その後は、ラッキーガーデンでお茶する。連休中はごった返しているから遠慮していたが、今ならゆったりできる。ちなみにスタッフは、みんなスリランカ人だった。日本人スタッフは休暇に入ったらしい(^_^) 。

20240508_143758
バナナが育って南洋気分になれる。

20240508_145643 
なんとなく隠れ家ぽい個室も誕生していた。ここに一人で籠もると隠遁気分が味わえるよ(´_`)。

 

 

2024/05/07

新商品ファイヤーウッドスティック?

百均(キャンドウ)で見かけた商品。

20240507_150858

ファイヤーウッドスティック? なんじゃ、これ。ようするにキャンプで焚き火する際に種火を大きく燃やすための木片。これが、商品になるのかあ。割り箸でいいやん。。。。いや、割り箸の不良品の商品化にいいかも、と思ったが、そもそもキャンプに行って、薪は購入するとしても、それを鉈で小割りするのが面倒というか、割り方も知らない人は向き?

そして、並びにもう一つ。

20240507_150927

単なる板。これを「プランクグリル用ヒノキ板」という商品になった。これは木板に水分(水やジュース、ワインなど)を染み込ませてから、その上に食材を乗せて焚き火やコンロで(蓋をして)焼く調理法だ。すると蒸し焼きと燻製の間のように焼ける。魚も肉も、ぐんと風味が増す……ということでキャンパーの間で流行っているのだ。もともとはアメリカから始まったようだ。

私は、これを木質商品として推奨していて、高く売れるぞ!と何年も前から各地で話したり記事にしてきた。

木材を十二分に活かす調理法とは? 食×木材で息の長い“需要”を生み出せるか

事実、ネットでは1枚1000円ぐらいつけている例もある。私が新しい有望木材商品として紹介しているのに、これが100円かあ(-_-;)。値崩れしそう。まあ、厚さや板の大きさによるが。

もっとも、さらに驚いたのが、どちらも国産商品であったこと。

2024/05/06

「ししおどし」の“しし”とは?

いつもの森林公園の湿地に、こんなミニ・ししおどしが仕掛けられていた。そして水車も。

Photo_20240506165301

2_20240506165301

Photo_20240506165301

全体像は、こんな具合。湿地と言っても、一部干上がっている。

水車はいいとして、ししおどしは、竹に水がたまって跳ねると、コツン、と音がする。これで獣を追い払う仕掛けだ。

3_20240506165301

ここで、私が気になったのは、「ししおどし」が獅子おどしと変換されたこと。獅子ではライオンになってしまう。正確には、狛犬などに示される想像上の動物の獅子にライオンを当てはめたのだが。しかし、ここではイノシシのことだろう。そう思っていた。

とりあえず気軽に検索してみた。すると、ししおどしは鹿威し」だとある。つまりシカなのだ。おどしも、脅しではなく威し。

意味としては、農作物に寄る獣を追い払う仕掛けの総称であるが、イノシシよりシカだったのか。たしかにししおどしの音では、イノシシはあまり逃げないように感じる。シカは追い払えるかもしれないが、効果は長続きしないだろう。

昔からイノシシよりシカの方が獣害としてはキツかったのか。

この年になって、ししおどしの真の意味を知ったのであった。

 

2024/05/05

そうだ、奈良行こう!!!

京都に行った限りは、奈良にも行かねばならない。

やはり、奈良も混んでいた。国の内外の行楽客でごった返し、駅のホームに下りても前に進めないほど。これが仕事でなかったら、逃げ出したくなる。仕事とは、もちろん奈良公園の奈良のシカ、ナラシカのご尊顔を仰ぎ奉るためである。奈良県民は、年に幾度はナラシカに詣でねば市民権を剥奪される。ま、実際は仰ぐというよりは見下ろしていたが…。

20240505-112046

驚いたのは、素性の悪いナラシカが増えたこと。赤信号を渡っているではないか。こんなことは、コロナ禍前にはなかったことだ。コロナ禍で人気がなくなったのをこれ幸いと信号無視を覚え、コロナ禍明けのインバウンド景気で外国人からの人気が集まったためか、そこのけそこのけ、ナラシカ様が通る…と神鹿としてのマナーを失ってしまったようだ。ああ、嘆かわしや。

そして、見つけた植物虐待の動かぬ証拠。

20240505-114516

ここまで木が太るまで何年かかったか。その間、放置したのか。柵を外す木づかいならぬ気遣いはなかったのか。

20240505-114351

パイナップルではないよ。

目が汚れたので、萬葉植物園に入って美しい花を愛でようと思ったが…。

5_20240505211801

名物の藤の花は終わりを迎え、カキツバタが咲いていた。

2024/05/04

木製ハブラシ

先日、奈良の橿原市のホテルに泊まった人からもらったもの。

20240504_160642

リニュー&リフレッシュ。何のことかと思いきや、toothbrush、ハブラシとあった。

で、中身を見ると、こんなもの。

20240504_160705

たしかにハブラシだ。プラスチック追放は、ストローやフォーク、スプーンに続いて、いよいよホテルのアメニティのハブラシに至ったわけだ。その代わりにハブラシを有料化(自前で用意しろ、ということか)につなげる方向性もあるが、こうして脱プラ(木製)ハブラシ路線もある。

もっとも、この商品は木製ではなく竹製であった。メイドインチャイナだ。

脱プラ路線に異論はないが、いくらプラスチック製品を木製紙製、あるいはでんぷんなどの植物質の生分解性代替商品には、日本製も極めて少ない。ビジネスチャンスなんだが、プラスチック以外で作る難しさと、価格を抑えることが難しい。それに果敢に挑むのは中国メーカーになってしまった。

一方で日本の開発した伝統的な脱プラ製品である割り箸の需要が増えたようには見えない。いくら脱プラと言っても、プラ箸を国産割り箸にもどそうとはしない。不思議。

日本の新製品開発力も生産力も、どんどん落ちていく。これでは早晩、貿易収支も赤字になりそうだな。

 

2024/05/03

そうだ、京都行こう??

連休後半。普段は出かけない。人ごみが嫌いだから。だが、今日は、こともあろうに京都、それも岡崎公園に出かけた。

もう、噂どおり外国人に連休行楽客に、ごった返している。しっかり平安神宮の鳥居の下では、なんか全国の餃子が集結するイベントをやっていた。もちろん、行列に並ぶ気はなく無視したが……。

2_20240503202001

私の目的は、京都府立図書館だ。ある人物について調べていると、どうやら京都府立図書館に資料の一部があるらしいとわかったからだ。それが1日なので3日に訪れることになってしまった。

ところが、実際は簡単に見つからない。検索で出てきた資料と合致しないのだ。それから司書さんと相談する。こういうときになんとしてでも探し出そうとしてくれる司書さんはスゴイわ。悪戦苦闘の末に、なんとか見つけることができた。ただし、ほんの数行だが。
これだけのために片道1時間半かけて、丸1日潰して人ごみの中を訪れたのか。。。。なんて言ってはいけない。この繰り返しでコツコツと間合いを詰めるのが私の仕事である。数行の事実を元に、今度は高くつく資料を購入することになる。

ところで、平安神宮……平安時代と言えば、大河ドラマ「光る君へ」を思い出す。ちょっとしたブームになっているが、不思議とこのお札に言及する声はないね。

Img_20240503200446

2000円札に描かれているのは、紫式部と「源氏物語」だよ。忘れられているなあ。

2024/05/02

崩壊地に生える木

実は昨日は体調が悪くて、1日ごろごろしていた。今日は復活したということで、気分転換に森歩き。いつも定点観測的に通っている生駒山の森林公園である。

そこで見かけた崩壊地。よく見ると、稚樹が生えている。コナラだ。常に土が落ちて流れているところにも根付くのか。どんぐりは。

1_20240502164401

2_20240502164401

芽生えたばかりのものだけでなく、そこそこ育ったものもあるな。

ちなみに、植生はよく変わる。この森林公園の湿地も、以前はミズバショウが生えていたところがハンゲショウの群落になり、今は一面ミゾソバになっている。

Photo_20240502164401

コナラの稚樹が、十分に育つかどうかはわからんが、また変わるんだろうな。

 

 

2024/05/01

街路樹林業計画

これぞ、私のめざす都市林業だ! と思った(^_^) 。

伐採後の街路樹を加工して商品化を目指す、町田市と飛騨産業

なんでも東京の町田市では、23年11月に「街路樹更新計画」を策定したという。

しかし50年近く経過しているものも多く、高木が約1万5000本もあるらしい。

そこで「街路樹更新計画では、緑豊かな景観を維持しながら適切な管理を行うことで、質の高い緑を充実させていく。計画期間は23年度から32年度までの10年間。街路樹を優先的に更新する約100路線に対し、高木や低木の撤去などを行う。また一度更新した大径木は、その後30年の間隔で更新を実施する計画。こうして適切に管理することで、維持管理費は10年間で約14億円削減できると試算する。
伐採した街路樹は一般的に廃棄物として処分されるが、今回は街路樹の個性を生かして商品化などを目指す。町田市が伐採した街路樹を無償提供し、飛騨産業が製材・乾燥して商品にする。22年度には伐採後の街路樹からダイニングセットの試作が行われている。

この計画の後半が肝だろう。大径木の街路樹は、商品化をめざすのだ。

Machi2(町田市)

この写真からは、商品化した街路樹の木材はケヤキだろうか? 街路樹に多く、また大木化しやすい。何より広葉樹が多いので、木工向き。

実は、以前より東京では一般社団法人 街の木ものづくりネットワークで街路樹や庭木などを伐った場合、その木材を家具などにする運動が行われている。またオークヴィレッジのようなメーカーも、積極的に都市の大木を伐った際に引き取ってきた。すでに民間主導で行われているわけだ。

先日古本市で『都市林』という本を見つけ、200円で購入した。昭和47年発行で、林業経営研究所編・農林出版発行である。どちらも、今はあるのかわからない。

20240501_165736

古い本だが、都市林についてまとめた書籍は、今はほぼないのではないかと思う。日本の都市林、欧米の都市林について説明されており、なかなえ貴重な文献だ。

そこには、林業的都市林とか、非営利的生産・保全両立型都市林、放置的都市林……といった分類が成されている。まあ、詳しい説明は省くが。

私は、以前より街路樹を木材生産の場とする都市林を考えていて、それを新林業的都市林としたいと思っている。最近、やたら大径木になって倒れる街路樹が増えているではないか。京都の産寧坂の桜の大木が倒れた際は、全国ニュースになった。それどころかワイドショーが連日報道しまくった。(たかだか、街路樹1本が倒れただけなのに?)

一方で、明治神宮外苑の木を伐ると発表されたら大騒ぎ。あの程度の街路樹を伐るのに、なぜ国連イコモスまで登場しなくてはならんのだ。

そうした勘違いと感情的な街路樹対応をするのなら、最初から「街路樹は木材生産の場」と位置づければよいのだ。たとえば直径50センチ以上になったら伐りますよ、その木は木材として使いますよ、決めておく。そして都市を大径木広葉樹の貴重な生産の場として位置付ける。

……とまあ、そんなことを考えていたのであった。

 

それにしても……『都市林』のカバーにはラベルが張られている。「計画課」とあるが、どこか役所などの備品だったのだろうか。それを廃棄する際に古書として放出されたものかもしれない。どこだろうな。。。

2024/04/30

伊吹山の森林限界

なんと、伊吹山に登ってきた。滋賀県北部の標高1377メートルの山である。

台湾からの客人が登るというので着いていこうとしたら、登山道の崩壊があり、麓から登るのはダメ。残るルートはドライブウェイ終点からしかないというので、私の車で行ったのであった。ドライブウェイの終点の駐車場の標高は、なんと1260メートルあって、そこから登ると標高差は100メートル程度(笑)なのであった。30分ほどで到着したが、いやあ、きつい山でしたよ(^^;)。

ただ、驚いたのは、たかだか1200~1300メートルの山頂付近には、木がないことである。森林限界を超えていたのだ。そして季節によってはお花畑になるのであった。

この高さ、亜高山帯でさえない。日本の本州で森林限界を超えるのは3000メートル以上だろう。北海道でも2000メートルは必要ではないか?
それなのに、1000メートル付近から木が消えていくのである。

20240429-105132

おかげで、岩山を登る気分で、琵琶湖を見下ろせたのだ。

20240429-103458 20240429-110126

お花畑の片鱗も見られた。種名は確認していない。

伊吹山と言えば、歴史的には日本武尊などが登場し、織田信長がポルトガル人の持ち込んだ薬草を栽培させたとか、そして今もヨーロッパ原産の草が生えているとか(異説あり)、いろいろ伝説がある山なのだが、生物的にも面白い。

なぜ低山で森林限界ができるかと言えば、日本海側と太平洋側の両方から風が吹きつける位置的な条件で、水分が少なく、しかも石灰岩質の地質のため、樹木が育ちにくいからだと思う。

そう言えば、伊豆諸島の神津島に行った際も、森林限界を見た。なんと標高300メートル程度の山であった。こちらは、火山性の地質と、やはり周囲からの海風が強くて樹木が育たないからだろう。

20220916-123801神津島

おもろい現象である。

ちなみに伊吹山、山頂に立ったとたんにガスに覆われた。雲の中に入ったみたいで、何も見えなくなった(泣)。雨も降ったのであった。

2024/04/29

リンゴの木復活

庭の任後の木に葉が繁った。花もたくさん咲いたが、もう散った。

1_20240429221001

何を驚いている?と思われるかもしれないが、昨年この木は夏にカミキリムシにやられたのだ。

今の木の幹をよく見てほしい。

3_20240429221101

このとおり、幹に幼虫が入り、川はめくれ内部を食い荒らされた。

2_20240429221101

これが昨年の秋の様子。

それも幹のいたるところだ。せっせと退治しようとしたが追いつかず……。

だから、今年はほとんど諦めていて、いっそ早めに切り倒して別の木を植え直そうかと思っていたのである。実は次の木の選定までしていた。
結果的に放置したのだが、すると、春になると葉の芽が付きだして、あれよあれよと茂り、なんと白い花まで咲いた。復活!したのである。

本当にリンゴの木は元気になったのか。実はつけるのか。(そもそも、4月の始めの時期に花が咲くのも早すぎないか? なんか季節を間違っているような気がする。まあ、これは気候のせいだろうが。)

ともあれ、有り難いことではあるが、リンゴの木の復活が本物か見極めたい。

2024/04/28

木材マニア向けの平城宮跡

私の散歩コース、平城宮跡。まあ、ダダッ広くて、大草原?が広がっていることも気持ちいいのだが、実はアウトドア的な活動だけでなく、インドア的楽しみ方がある。意外と気付かれていないが、各所に展示館があり、かなり見応えがある。もちろん遺跡中心に歴史的な展示が多いのだが、それとは別に見どころは、木造建築物および木質出土品。

どの展示館にも、過去の木造建築物、復原された木造建造物があって、その模型も並ぶのだ。模型といっても、高さ3~4メートルもあったり、実物大(笑)模型もある。また発掘された木質出土品や復原のための木材なども展示されているから、木材マニア向き。小さなものは木簡から、直径2メートル級の丸太まで。その大工仕事の技も見られる。

Photo_20240428163501

2_20240428163501

Photo_20240428163502当時の宮内省の役所(実物大)

Photo_20240428164201

 2021-1東院庭園

6_20240428164301大極殿などの建築材

17_20240428164301スギの丸太くり抜き井戸(本物)

1_20240428170501

2021-2

いったいいくつあるか、地図から拾ってみた。奈良文化財研究所平城宮跡資料館、遺構展示館、推定宮内省、大極殿、第一次大極殿院 復原事業情報館、東院庭園、朱雀門、平城宮いざない館、平城宮みつき館、復原遣唐使船、天平みはらし館……なんたって、文化庁に国土交通省、奈良県などが入り乱れていろいろ建てたから(笑)。しかも点在しているから、各地を順番に歩いて訪ねると、よい運動になる。

 

2024/04/27

道より未知。探検遺伝子の進化論

気がつけば連休。また生駒山に登った。ルートは、いかに人がいない道を選ぶか。このところ生駒山は登山客があふれている。

私は山登りもしくは森歩きでは、できるだけ他人に会いたくない。もし人が前方に見えたら、さっと道から外れる癖がある。そこで、人が滅多に通らない旧道を選んで登り、すぐに下りコースへ。

よい具合に誰とも会わずに進める。わずかに山頂のだだっ広い駐車場で遠くに人影を見た程度。ただ、このまま言えば宝山寺の裏手に出て、また人が多いだろうな……と想像できた。そこに現れたのが、このテープ。

1_20240427163001

ん? テープが巻いてあるということは、こちらに道があるということか。

2_20240427163101 

瞬時にその暗がりのルートを選んでしまった。たしかに道らしい。今まで知らなかったぞ。たしかにところどころに木にテープがあり、ルートを示している。もっとも道と行っても単に茂みの薄いところを進むだけのようなものだが。

3_20240427163301

あら。倒木があるということは、長く通る人はいなかったのだろう。もはや道は消えてしまったのかもしれない。

こうなると、もうテープを当てにはしない。自分で通りやすそうなルートを見つけて下る。通りやすい……と言っても、気がつけばブッシュに。木々をかき分けて進むのと同じだ。かなり急な傾斜を滑るように下る。

ワクワクしてきた。知らない風景の中を歩くことに。知った道より未知の道を選ぶのは、我が性だ。私の人生の選択ルールである。

人の遺伝子の中に、DRD4-7Rという遺伝子があり、それがあると新奇性のあるものに触れるとドーパミンを受容するという。つまり知らないものに触れると快感を生じる。快感を感じたくて未知のものに触れたくなる。

だから、この遺伝子を「冒険遺伝子」などと呼ばれる。未知を探して移動を好むから「旅人の遺伝子」ともいう。私は危険を伴った肉体的にきつい冒険は苦手なので、「探検遺伝子」と呼びたい。もしかしたら、探し切れずに迷い遭難するかもしれないから、「遭難遺伝子」かもしれない。

人類の何%かは、この遺伝子を持つ。まあ、あまり強すぎると遭難して消えていく(^^;)ので、ほどほどに冒険し、探検し、生還した人だけが、人類を進歩させたのだろう。

進化論によると、遺伝子の偶然の偏差によってバラエティのある形質が生まれ、その中でたまたま生き残ったものが進化したとされる。人類は、単に肉体的な形質だけではなく、心理的なバラエティとして、この冒険遺伝子があるのかもしれない。それが行動のバラエティを生み出し、進化させる。だからこれも自然選択だ。

ま、私もその末席に座っているということですな。

そうそう、最後はぐだぐだになりつつも、なんとか道の痕跡のあるところに出て、真っ当に帰って来れました。

 

 

2024/04/26

タケノコ掘り第2幕!

またタナカ山林にタケノコを堀りに行ってきた。前回の屈辱は果たせるか……。

やはり森の各所にイノシシが掘った穴が開いている。タケノコはかなり取られてしまったか。。。

1_20240426101401

このようなタケノコの食べ滓がある。悔しい。かなり贅沢な食べ方をしている。

5_20240426101901

沢には捨てられたタケノコが。全部食べずに根元を齧って捨てたらしい。ムカつく。

しかし、タケノコは次々に出ているようなので、まだイノシシに見つかっていないものもあるのではないか?

3_20240426101401

あった! まだ地面に顔を出したばかりの様子。イノシシに見つかる前に掘るのだ、と近づく。

4_20240426101701

あれ? よく見るとタケノコの根元を齧られていた。掘らずに齧ったのだ。ムカつく!ムカッ、ムカッ

人間様は、柔らかいタケノコの穂先を喜ぶが、イノシシは根元のしっかりした地下茎部分が好きなようだ。しかし、そこだけ齧るなんて贅沢というかモッタイナイ精神がない。

諦めかけたが、その後小さなものを中心に、まだイノシシが齧っていないタケノコを発見。4本ゲットしましたとさ。掘りたては、アクもないから茹でずにサッと炒めるだけで美味しくいただきました(^_^) 。あとはタケノコご飯にタケノコの若竹煮。

 

2024/04/25

Y!ニュース「伐採量を2倍にしたら炭素固定量が3倍になる?…」を書いた裏事情

Yahoo!ニュースに「伐採量を2倍にしたら炭素固定量がは3倍になる?最新研究から見た林業と気候変動対策」を書きました。

この元となる東京大学の森林は、たくさん伐ってたくさん植えたら、たくさん炭素を蓄えるの記事は、目にした人もいるのではないか。言ってることは「木を伐って、どんどん使おう」という林野庁のスローガン?と同じなのだが、東大の研究論文となると迫力が増す。

しかし、私がこれを読んだときに某誌の原稿を書いていて、そこでは「木造建築を建てれば建てるほど森林は劣化し気候変動が高まる」というものであった。つまり、林野庁の政策は間違っている、という主張である。

だから、冒頭の「目を剥いた」のは私。そこで論文を読んで、数値や理論を確認したわけだが、ようするに伐採した木はしっかり建築などに使って長持ちさせ、その跡地に再造林100%にする、という前提なのであった。現実は違う。

そこで論文筆頭の熊谷教授にメールを送ったのである。

すると論文には木材利用の歩留りなども計算に入れているし、端材・おが屑の利用まで含めているということだった。(英語論文の方に書かれてある。読むのは大変。。。。)

私も、ちょうどJクレジットを取得した林業家に取材に行って、その内幕を聞いてきた。Jクレジットの炭素固定量の計算方法は、なかなかの曲者であった。

その後、幾度かメールのやり取りをしたうえで、書いたのがこの記事だ。

Topics_202404221

果たして林業は、脱炭素の切り札になるか。それともグリーンウォッシュ?…という話なのである。

2024/04/24

農水省の書店、宮崎県の書店

農水省の書店を覗いた人から写真が送られてきた。

3_20240424173701 11_20240424173701

なんと、2カ所で平積みされているようだ。片方は8冊積まれているから、結構な冊数がある。書店子によると「ま~売れてますね」とのこと。一方で「林野庁に反発しているからね(笑)」という声もあったそうである。

私としては、まずは書店の店頭に並ぶことが最重要なので、有り難いことなのである。

ところが、宮崎県の書店では、まったく一冊も見かけないという報告が届いている。尋ねると「注文したら取り寄せます」という返事が返ってきたという。宮崎市で有力な蔦屋書店、田中書店、明林堂書店……いずれもないという。これ、異常事態である。仮にも今月発売の新刊で、宮崎県も登場する本が売られていないのだ。
ちなみに配本は、取次が自動的に仕分けて送るから届いているはずなのに、それを店頭に並べずに送り返した可能性がある。

書店が、誰に忖度したのか、地元に関係のある本を仕入れないとは。都合の悪い本は置かないというのは書店倫理にも引っかかるのではないか。これこそ、田舎の論理?

ぜひ、宮崎県在住、もしくは宮崎県に行かれる方がいたら、書店を覗いて「『盗伐 林業現場からの警鐘』という本はありませんか」と尋ねてもらいたい。客のそうした声がもっとも圧力になる。

もしあっても無理に買わなくてもよい。内容を確認するふりをして立ち読みしてください。(きっと買いたくなるから)
もし購入していただければ、ご連絡ください。宮崎県のどの書店にあったか教えてもらえると有り難い。
なければ、「なぜないのか」と、問い詰めてほしい。それが億劫なら、「じゃあ、Amazonで買おうっと」と捨てぜりふを吐いて、店を出たらよい(⌒ー⌒)。それがリアル書店には効く。

今後、広告も打つ予定だが、それでも並ばなかったら……宮崎県の書店の闇が浮かび上がる、かも。

2024/04/23

自然共生サイトを見に行く

自然共生サイトを知っているだろうか。

本ブログでは折々に紹介しているが、ようするにネイチャーポジティブ戦略の一環で、国際公約の30by30(陸海の各々30%を生物多様性の高い地域として2030年までに指定する)ために設けられたものだ。従来の法的な裏付けのある保護区では10~20%しか指定していないから、民間の土地なども法律抜きで指定していこうという作戦だ。

すでに昨年度に185カ所指定したというのだが、奈良県では1カ所、王寺町の「陽楽の森」一カ所。ここは谷林業が持つ市街地内の里山である。周りは住宅地などに囲まれている約10ヘクタールぐらいの土地で、雑木林になっている。そこを見に行ってきた。

20240423-162358

20240423-162450

どんな条件をクリアしたら認定を受けるのか聞いたのだが、意外と曖昧で、とくに生物多様性があることを示す調査が必要なわけではないらしい。むしろ位置や地形、区域、所有者……などを示す書類が必要になる。また自然を管理する活動なども重要としている。

「陽楽の森」は、さまざまなイベントを開いたり、市民の憩いの場として機能していることから選ばれたらしい。見ての通り、ツリーハウスもつくったし、今度はここにカフェなどをオープンする計画も進んでいる。

一応、条件を調べてみた。

「自然共生サイト」認定の令和5年度後期申請受付開始について

ここに各項目の添付資料がある。いくつか抜き出すと……。

1_20240423204101

2_20240423204101

こうやって見ると、やっぱりてんこ盛りの書類が必要になる(^_^) 。

それに、現時点では認定されたからと言って、何か特典があるわけではない。せいぜい、認定を受けたことを利用して寄付を集めることだろう。ただし、近く環境省は、固定資産税の減免などの特典を賦与する予定だ。まあ、山林などの税金は安いから、金額的にはたいしたことはないだろうが、それでも一つの目安になる。林業家、山主が、木材以外に「生物多様性という商品」を持つことを示すことは重要だ。

これを進めれば、自然を破壊する開発行為に対して、穴埋めとなる自然を提供する形の「生物多様性クレジット」に発展させられるかもしれない。すでにイングランドでは、開発したら、そこの自然の10%増の自然を別の場所に作らなくてはならないというネットゲイン政策が発動されている。これが日本にも広がるかもしれない。

特典のない今の間に認定を取得することは、先駆者としての地位が得られるだろう。

2024/04/22

排水溝の中の生態系

長く課題としつつ放置していた問題。それが排水溝の掃除だ。

我が家の前にある排水溝。雨の多いシーズンだし、そろそろ掃除するかな、と思いつつ放置を続けた。面倒くさい……という当たり前?想像どおりの理由だけではない。排水溝の中に多くの草が生えて、ちょっとした生態系ができているから。苔が分厚く繁って、その上にさまざまな草。一部に木本性の植物も見られる。

Photo_20240422163201

苔はスナゴケかハイゴケか。そこにマルバマンネングサが広がり、ハコベやらタンポポやらいっぱい。シンテッポウユリも育っている。壁面にはノキシノブが繁る。そして昆虫?がうようよいる。苔をめくるとミミズもいた。排水溝にしゃがみ込むと、ブンブン耳元で飛び交う小さな虫。

実は、ネコの通り道でもある。我が家に出入りしているネコが、排水溝のトンネルを抜け道にしているところも目撃した。小さなパイプをくぐるみたい。このネコも生態系に入れるか。

掃除するということは、これらの草や苔を取り除くということだ。それに抵抗があって……。が、周辺の家の前の排水溝を見ると、なかなかきれいにしているではないか。。。いつまでも放置してはマズいか。だいたい大雨であふれたら困るだろう。

ちょっと坂道なので水の流れは速くてあふれるというより、落葉や草が流されて詰まる可能性の方が高いかもしれない。

ともあれ、溝すくいをする。

20240422_154745
タンポポもある。

20240422_155154
ウコギっぽい樹木の稚樹。可哀相に思ったが、むしろこういうのが水流を邪魔するわけなので、引き抜く。コンクリートの隙間に根を伸ばしていた。

かくして排水溝の生態系を破壊したのであった (@_@)。

20240422_164616

2024/04/21

「vesta」の養蜂と蜂蜜の特集記事

vesta」という雑誌(季刊誌)があった。その春号の特集が「ミツバチとハチミツの食文化」。

思わず取り寄せてみた。

Photo_20240421114801

これは面白い! 失礼ながら雑誌の特集記事の範疇を超えて“読みやすい研究紀要”レベルではないか。

まだ全部読んだわけではないが、興味深いテーマと記述が多数ある。とくに驚いたのは、日本の養蜂とニホンミツバチの起源に関する新説。

なんと、ニホンミツバチは、430年前(安土桃山時代?)に朝鮮半島から渡来した種の可能性があるらしい。逆に言えば日本の在来種ではなかった! なんだ、外来種か(笑)。 歴史もそんなに古くないことになる。

しかし、日本書紀に百済人が三輪山で養蜂に挑戦したが失敗したという記述もあり、その後も各時代に蜂蜜を味わった記録もあるではないか。また平城宮跡からの木簡にも蜜の記述がある。養蜂は奈良が起源だ( ̄^ ̄)、と私は主張していたのに。

ところが、当時の蜜とは甘味料を指していた可能性があってハチミツとは限らないらしい。しかも輸入ハチミツが少なくなかったから、日本で採取していたとは限らないらしい。輸入していたのだ。鑑真も大量のハチミツを運んでいた記録もあるらしい。国内で多少の採取はしたとしても、量は少ないし、マルハナバチの蜜の多能性もあるとか。
そもそもニホンミツバチも、トウヨウミツバチの亜種で朝鮮半島の種と区別はほぼつかないのだから、固有種のように語るのは無理だ。

3_20240421165301我が家の庭に飛ぶミツバチ

もう一つ気になるのは、ドイツの養蜂の歴史。実はヨーロッパはの林業の歴史を調べているとハチミツの採取が出てきて、養蜂とハチミツ採取も林業であり林産物に含まれると感じていた。どうやらフォレスターが養蜂を行う権利があった時代もあるらしい。日本でも、林業家が養蜂を行ってもいいのではないか。広葉樹林業と抱き合わせで収入源にできる。

さらに「偽ハチミツを探せ!」記事も面白い。私も、ハチミツには偽物が多いことを感じていたが、単純に産地や花蜜の種類を偽るものから、そもそもハチミツではなくて砂糖液を混ぜたものもあるとういう。最近では輸入物をニホンミツバチの蜜と偽って、2倍以上の価格で売るケースもある。ニホンミツバチの蜜と聞いたら希少で、美味しいと思う人がいるらしい。

セイヨウミツバチとニホンミツバチの蜜の差とは、一種類の花から蜜を集めるか、多数の花の蜜を混ぜてしまうかの差。シングルモルトとブレンディッドウイスキーの差みたいなもんだと思えば、セイヨウミツバチのシングルモルトの方が高くあるべきではないか(笑)。

そして、やはりミツバチのポリネーター(花粉媒介者)としての生物多様性への寄与も重要だろう。私は、植物進化にポリネーターの登場が関わるのではないかと想像している。

ともあれ、養蜂ジャーナリスト見習いとしては、興味深い特集であった。これ読んで、付け刃知識でエラそうにミツバチについて語ろうかな。

 

2024/04/20

土倉庄三郎講演会

18日、奈良の京終さろんで「山林王・土倉翁の足跡」の講演を行ったことは先に告知していた。

無事終了した。吉野林業と土倉庄三郎のCSRを中心とした内容となる。1時間30分のつもりが、1時間15分と言われて、思い切り端折りながら早口で詰め込んだのだが、結局は1時間35分くらい話したという……。多分、通常は2時間以上かける内容であった。でもギチギチに話したから聞き取れたかどうか(^^;)。

3_20240420174901

会場はこんな感じ。もうお寺の本堂そのまま(^_^) 。30人くらいしか入れないのだが、

またツイキャスで同時中継をする予定が、担当者の都合でできなかったため、急遽ビデオに収録し、後に申し込まれた人が見られるようにしたそうである。多分、そちらの方がパワーポイントの資料もよく見えてわかりやすいと思う。

再来年は豊臣秀長を主人公にした大河ドラマになることで奈良はちょっと盛り上がっているのだが、秀長が100万石の大和郡山藩城主になり大和を納めたのは晩年の一時期だけである。やはり、めざせ、大河ドラマに土倉翁!!!だろう。

 

これで土倉翁については一服……かと思ったが、そうではなかった。また依頼があったのである。今度は鳥取県の智頭町で開いている「智頭の山人塾」。こちらもオンラインだが、7月から始まる次回講座の2回目、8月22日に土倉翁と吉野林業について話す。19時より。

主に林業系の話題を扱う講座なのだが、そこに山林王の話を入れる。ちょっと先だが、どうなるか。乞う、ご期待。

 

ちなみに近鉄奈良駅前の啓林堂書店で異変。新刊の『盗伐 林業現場からの警鐘』がどこを探してもなくて、『山林王』も1冊しかなかった(泣)のだが、『鹿と日本人』が平積みになっていた。

2_20240420175801 1_20240420175801

以前、奈良のシカの本の棚はあるのに、拙著がないと嘆いたのだが、いきなりの復活である。『鹿と日本人』は、タイトル周りには何も書いていないが、半分くらいが奈良のシカの話なのだ。これからナラシカブームが来るに違いない。

2024/04/19

今年のタケノコ事情

Yahoo!ニュースから「タケノコ大豊作 異例の安さ…100g38円も!? 好天続き…1本4kg超“おばけサイズ”も」(テレ朝ニュース)という記事にコメントを付けないかという提案があった。正直、のどかな季節もの記事にコメントなんて必要あるの?と思ったのだが、たまたま私もタケノコの記事を書こうとしていたので(^^;)、コメントを付けた。

私も、先日タナカ山林にタケノコを堀りに行ったのだ。例年は連休前なのだが、今年は早くから温かいので出ている可能性が高いと睨んでいた。

が、想像どおりであった。

20240414-134336 20240414-134512 20240414-134742

見事にイノシシに先を越された。タケノコそのものは出ている様子だが、全部掘られていた。1本だけ、タケノコの頭が出ているものがあったので喜んで近づくと、裏側がかじられていた。イノシシはかなり贅沢な食べ方をする。一齧りして捨てているものが多い。ムカつく。

ニュースでは豊作自慢をしているが、そのうちイノシシが増えてタケノコどころじゃなくなるぜ、と恨みと予言のつもりでコメントを書いたのであった。ちなみにクマもタケノコが好物。

また日を空けて、イノシシがタケノコに飽きた頃に堀りに行くか。なんだか、イノシシの残したものを拾うみたいで悔しいけど。

«モクレポ31号に能登半島地震報告と

May 2024
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と筆者の関連リンク先