無料ブログはココログ

本の紹介

« 木曾桧 | トップページ | 木曽でも新月伐採 »

2007/05/20

朝日新聞書評

木曽から帰って来ました。いや、なかなか面白くためになったが、そのことは改めて。

帰ってから今日の新聞(朝日新聞5月20日)に目を通すと、『割り箸はもったいない?』の紹介が載っていた。書評欄の中では小さな新書コーナーだが、きっちり内容を紹介している。「伝統的林業の姿や輸入割り箸の実態など、小さな木片から地球環境と食文化を見渡す。」

実は、新聞の書評欄に載るのは、比較的遅い。発行されてから1ヶ月以上たつことも多く、載った頃には書店にないケースも度々。ところが今回は、実質2週間目による掲載だから非常に有り難い。まだ本屋に並んでいるだろう(笑)。ちょうど、店先で見かけて買いました、読みましたというメールが相次いで来ている。

友人からのメールには「今度がいちばん期待がもてる」と書かれてしまった(苦笑)。
たしかに、森林論・林業論を振りかざした作品よりは、割り箸という身近なグッズから切り込んでいるから「期待がもてる」かもしれない。

ところで、6月には、真正面から森林論・林業論・山村論に挑んだ作品を出版する。これは……。

« 木曾桧 | トップページ | 木曽でも新月伐採 »

書評・反響」カテゴリの記事

コメント

 木曽へ来ていだきありがとうございました。
 たいへん明るく希望の持てる話題を提供していただき、仕事また地域活動に夢が持てました。

こちらこそ、お世話になりました。
似た名前のよしみで、今後ともよろしく(笑)。

木曽で見せていただいた様々なことは、おいおい本ブログでもアップしていたきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/15144316

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞書評:

« 木曾桧 | トップページ | 木曽でも新月伐採 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎