無料ブログはココログ

本の紹介

« ウッドマイルズへの疑問 | トップページ | バイオエタノール用樹木生産 »

2007/06/13

朝日新聞・時代は「ニッポン」?

今朝の朝日新聞に、『森林からのニッポン再生』が登場した。

……といっても、この時期に書評ではない。文化欄だ。

そこに  時代は「ニッポン」の気分
       映画、TV、本のタイトル続々と

という記事があり、ようするに日本、ニホンではなく、ニッポンという表記が流行っていることを紹介しているのだが、そのヴィジュアルとして、タイトルにニッポンという表記が使われている本を集めた写真がある。その一角に「『森林からのニッポン再生』も写っているのである。ちなみに、本文に『森ポン』については一言も触れていない。

なに、これでも人の目に触れる機会が増えたのだからよいのです(^o^)。

ちなみに記事では、ニホンとニッポンの違いを論じているが、私がニッポンをタイトルに使ったのは、漢字と比べたのだ。森林、日本、再生と漢字ばかりが続くタイトルは見栄えが重くなるので、カタカナを使った。ニホンにしなかったのは、単に語呂の問題である。発音したときに、ニッポンの方が口にしやすかったから。

« ウッドマイルズへの疑問 | トップページ | バイオエタノール用樹木生産 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

紙幣の日本銀行の表記はNIPPONですね。 朝日新聞って、たとへば自分のコラム題に天声人語などとつけるような、思い上がりに通じた一種の臭さがあると思っていますが、私だけかな。

記事によると、日本の正式の読み方は決まっていないし、教科書等でもニホンとニッポンは混ざっているそうです。

とりあえず、ニッポンと付けたから記事写真に載ったのだから、それだけで効果ありです(笑)。

今週末、放送予定の番組にも・・
○NHK教育:日曜フォーラム「みどりのニッポン再生」
○平成19年6月17日(日)18:00~19:00
○日本の森の荒廃は止まらない。
森林の占める割合が多い和歌山県、高知県では、
国に先駆けて、地球温暖化に敏感な企業などと共に、
森林再生への取り組みをはじめている。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2007-06-17&ch=31&eid=8681

タイトルが、田中さんの本に似てるねえ。

この番組は、気になりますね。ちょっと時間帯が微妙だけど、チェックしておきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/15414565

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞・時代は「ニッポン」?:

« ウッドマイルズへの疑問 | トップページ | バイオエタノール用樹木生産 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎