無料ブログはココログ

本の紹介

« 榛村純一氏 | トップページ | NHK「みどりのニッポン再生」 »

2007/06/18

第3回森林ビジネス塾

今日は、朝早く起きて、丹波へ。第3回森林ビジネス塾開講日だからだ。今回は午前10時スタートなので、早起きした~。

実は、今回こそ、肝であった。なぜならテーマは、「商品企画会議の開き方」だからだ。
林業関係者にもっとも欠けている経験、企画の作り方を学ぶもの。講師は、この手のセミナーのプロ、大川恒さんを東京から招いた。

まずはチェックインと呼ばれる自己紹介や笑顔づくりから、アイスブレークなるチームの緊張を解くゲーム、会議のルールづくり、そしてブレーンストーミングと、通常なら何日かかけるメニューを2時間半に詰め込んだ贅沢な内容。
それにしてもプロだねえ。熱く、そして流れるように進行させて、気がついたら場は盛り上がっているという状態。

16

                                                                                                           

                                           

午後は、私が引き継いで、ブレーンストーミングの2回目。これは回数を重ねるほど、頭が柔らかくなる。質より量、なのだ。意外と勘違いしている人も多いが、企画は質ではない。量である。くだらない思いつきネタを数多く出した方が、結果的に質がよいものも生まれる。「よい企画を」と悩むのはナンセンスだ。

ここで企画会議の開き方を体得して、何らかの商品企画を思いついてもらわないと、次回につながらない。だから重要な回だ。

気になったのは、2つ参加している森林組合の一方が、今回全員参加しなかったことだ。個人的に葬式があるとか怪我をした、などなら仕方ないが、4人全員というのは……。組合側で早くも腰が引け始めたのではないことを願いたい。いくら職員個人がやる気を出しても、組織としてのバックアップがないと何も稔らない。

« 榛村純一氏 | トップページ | NHK「みどりのニッポン再生」 »

政策・行政関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/15483727

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回森林ビジネス塾:

« 榛村純一氏 | トップページ | NHK「みどりのニッポン再生」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎