無料ブログはココログ

本の紹介

« 合法木材 | トップページ | ハチミツの真実 »

2007/07/04

ドラマ「牛に願いを」と農大

昨夜は、娘とチャンネル争い(^^;)。

娘は、「探偵学園Q」を見るというが、私は裏番組の「牛に願いを」が見たい。でも、今回は娘に譲って(;O;)、録画したのを後で見た。「探偵学園Q」も、志田未来チャンが出ているから見てもいいんだけどね。

牛に願いを」は、近頃流行りの田舎を舞台にしたドラマということで、チェックしておかねばならないと思ったのだ。加えて相武紗季が見たいということもあるのだけど(^o^)。
初回は、まあ無難というか、ありがちなステロタイプな農大生と実習先の紹介。田舎社会の実情を浮かび上がらせるのは、まだ先か。でも、一応、農大と知って入った学生が、実習をここまで嫌うか? と思うけどね。

ところで、私は以前女子高生とメルトモだった。と言っても、年に数回近況報告を受ける程度のメール交換だが。その後彼女は、農大に進学する。最初は東南アジアの農業に興味を持っていた彼女は、ひょんなことから私がある牧場を紹介する形で実習に入り、現地でも馴染んでいたようだが、卒業を前に人間そのものに関心を強めたのか、結果的に今年の春より教師になっている。

メールだけとはいえパワフルな様子が伝わり、微笑ましかった。それにしても人間なんて、どこでどんなことに興味が移り、人生の進路の分岐点を越えるのかわからない。

                                                      

蛇足だが、昨日見た映画「君にしか聞こえない」では不思議な聾唖者を演じた小出恵介が、こちらではヒョウキン真面目?な学生を。ちょっと混乱するなあ。

« 合法木材 | トップページ | ハチミツの真実 »

地域・田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/15647387

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「牛に願いを」と農大:

» 同志社と土倉庄三郎 [森林からのニッポン再生]
同志社大学に、土倉庄三郎の足跡を求めて訪れた。 それなりの収穫はあったが、どうもこのままでは大阪梅花女学校や日本女子大学にも足を延ばさなくてはならないようだ……。 とくに興味深かったのは、当時の同志社(英学校・普通学校)は塾だったという点。卒業しても何ら資格はないし、生徒もちゃんと卒業する者は少なかった。また入学年齢もいい加減(土倉の子息・子女は6歳から10歳くらいで入学している)だし、それで英語の授業を受けられるわけもなかろう。世話を見るのは、アメリカ人女性宣教... [続きを読む]

« 合法木材 | トップページ | ハチミツの真実 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎