無料ブログはココログ

本の紹介

« もうかる林業 | トップページ | 割り箸を燃料に »

2007/08/24

チェンソーアート画廊

チェーンソーアート作品を展示するギャラリー「丸太房」が、浜松市にオープンしたそうだ。

すでに作品は50点ほど並んでいるというが、「サルやウサギなど動物をモチーフとした表情豊かな作品」だという。作品の販売もしている。作ったのは、オーナーの長谷川渉さん。本業は商業デザイナーでショーウインドウの立体作品を作っているらしいが、3年前からチェンソーアートを趣味として始めたとか。
静岡新聞http://www.shizushin.com/local_west/20070822000000000050.htm

写真を見たところ、写実系ではなく、どちらかというと漫画系のユニークなものが多い。

結構なことだが、どうせなら遠州・三河にはチェンソーカーバーは比較的多いのだし、他人の作品も含めてバラエティを出してほしいな。個展じゃないのなら。

でも、アートとしての認知が進んだ一コマだと思う。折しも富山県南砺市では、井波国際彫刻キャンプが開かれ、城所啓二氏が出場中。いよいよチェンソーアートが彫刻の一分野として広がれば、注目もアップするだろう。

 

« もうかる林業 | トップページ | 割り箸を燃料に »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/16220470

この記事へのトラックバック一覧です: チェンソーアート画廊:

« もうかる林業 | トップページ | 割り箸を燃料に »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎