無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« しそうの森の木 | トップページ | 台風の影響 »

2007/08/02

割り箸評論家

昨夜は、某林業家の若き後継者?たちと飲んだのだが、そこで入った割烹のお店

なかなかしゃれた雰囲気で、料理もうまいし、木のテーブル、カウンターなども落ち着いてよいのたが、そこで自家製?ぽい布の袋に入っている箸が、中国製の竹割り箸。

これが残念で、店の人に「吉野の杉割り箸を使うべきだ」とみんなで掛け合う(^o^)。果たしてわかってくれただろうか。

そして今日、まずはメール。某シンクタンクより「国産割り箸による林業再生プラン」を考えているという相談が来た。近く逢うことになる。

そして電話。割り箸本を取材した輸入協会から、今後の割り箸の展開について相談したいとのこと。こちらも近々逢うことに。
輸入割り箸と国産割り箸では、寄って立つスタンスが微妙な面もあるが、いわれなき割り箸攻撃に対抗したいという気持ちは納得できる。協力できるところは協力していきたい。

折しも、農林水産省の広報誌にも割り箸に関する記事を書くことになっている。

ここ数日の間に、急に割り箸の話が飛び交うようになった。今月には、吉野の割り箸関係者を対象にした講演会も開くことになっている。

私は、割り箸評論家を名乗ろうかなあ。

« しそうの森の木 | トップページ | 台風の影響 »

割り箸」カテゴリの記事

コメント

その講演会はいつあるのでしょうか?
誰でも聞けるのでしょうか?

ああ、ジェリーさんは吉野の方でしたね。

主催は、吉野町商工会工業部会です。8月20日、午後7時から、吉野製材工業協同組合の会議室にて。
送られてきたチラシには、参加無料(誰でも聴講出来ます)、と書かれているな。

商工会から、案内が届きました。
是非、参加させていただきたいと思います。
楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 割り箸評論家:

« しそうの森の木 | トップページ | 台風の影響 »

July 2020
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎