無料ブログはココログ

本の紹介

« テスト問題 | トップページ | 謎の巨石群 »

2007/10/14

山と里の結界

今日は、古文書関係で吉野歴史資料館に出かけていたが、そこで館長と吉野談義を長々としてしまった。

吉野というと、一般にはサクラの吉野山とか、多くの史跡を思い浮かべるようだが、そうした吉野と山深い吉野がある。その境界は宮滝ではないか、という話から、古今東西の文化と歴史の話となり、古来から吉野が聖地として見られていたのはなぜか、と広がった。

それこそ神武の東征、丹生川上神社の水銀、分水嶺の水分神社、壬申の乱……。大海皇子が吉野離宮(宮滝)で立ち上がったことで始まる古代の大乱は、吉野を聖地とするきっかけであるなどと、結構スケールの大きい話となった(笑)。

それはともかく、大和朝廷が奈良盆地に勢力を広げた里の文化圏だとしたら、やはり山の世界に対する畏怖と警戒があり、それが結界を生み出したと考えられる。

実は、この考え方は、全国どこでも通用するのではないか。里と山には、あきらかに文化の違いがある。その境目には結界がある。この結界の存在を忘れていることが、地域社会をややこしくしているではないか。そのうえ今や表層は里の文化が全国を覆い尽くしているが、深層には山の文化が埋もれている。それも本当の地域性を読みにくくしているのではないか。

日本列島を、里と山の二つの社会から成り立っていると見ると、山村の存在意義とか、都会人の田舎暮らし志向などを理解しやすくなるのではないか……。

Photo

宮滝は奇岩の景勝地として知られる。

« テスト問題 | トップページ | 謎の巨石群 »

地域・田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

 吉野の宮滝。
梅原猛の「水底の歌 柿本人麻呂」に、大海人皇子出家以降、持統天皇の代にも度々宮滝に行幸されたことが記されていますが、写真により当時が鮮明に想像されます。
 大海人皇子が、身の危険を感じて落ちのび、ここに立たれたときのお気持ち、天武天皇になられてからのこの地へのお気持ち、持統天皇の、天武天皇の腹心を次々に処分される時のお気持ち、などひしひしと伝わってくる思いがします。

吉野川の水量は、当時よりずっと減ってしまったと思いますが、奇岩の続く景勝地で、ここに離宮を建てた気持ちがわかります。

面白いことを聞きました。古事記に記された神武東征の物語では、熊野から大和へ攻め上ったことになっていますが、それは後世(天武・持統期)の書き換えで、どうも原点では和歌山の紀ノ川(吉野川)から遡ったらしい、というのです。

それが吉野を通るルートに改変されたのは、天武天皇の大きな転機となった宮滝・吉野への思いによるのではないか……と。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/16763824

この記事へのトラックバック一覧です: 山と里の結界:

« テスト問題 | トップページ | 謎の巨石群 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎