無料ブログはココログ

本の紹介

« 書く理由 | トップページ | 長崎の林業 »

2007/10/25

隠れチェンソーアーティスト

岩手で車を走らせて、道の駅「石神の丘」に入った。すると店の前に並ぶのが、これらの作品群。

1                                              

                                             

彫刻だ。サル、トリ、イヌときて、写真には写っていないがイノシシもある。
手彫り? いや、チェンソーアートらしい。が、これまで目にしてきたチェンソーアート作品とは、どうもテイストが違う。
中に、作者の紹介記事が張ってあった。どうやら作者は還暦をかなりすぎた人らしい。道の駅のオープン時に、どうも寂しいと、チェンソーで彫刻をすることを思いつき、毎年、干支の動物を作り出したそうだ。それが四年前。つまり、今の日本のチェンソーアートの潮流とは外れたところで始めたらしい。

もしかしたらテレビなどでチェンソーアートを見るなどしたかもしれないが、誰にも教わらずに我流で始めたのそうだ。だから、作風が独特なのだ。またチェンソーアート以外にも、木の根っこなどで作品づくりをしているとか。チェンソーアート自体は、日本に導入された最初期から扱っているベテランである。

まあ、こうした独自にチェンソーアートを始めた人は、結構たくさんいるのではないか。インディペンデントと呼べようか(笑)。技量の進歩という点からは遅れるかもしれないが、むしろ独自の作風を生み出せるかもしれないな。来年のネズミはどんな姿になるだろうか。

ちなみに吉野チェンソーアートスクールでも、次回(11月24,25日)に干支づくりを行う。その見本が、これ。Nezu3

                                                

 

                                                                                         

俵の上に乗ったネズミ君だ。これを作成したスクールの校長・福本さんも、実はインディペンデント。誰に教わるでもなく、また情報も得ずに自身で始めた。しかも1990年代だから、かなり早い。 こうしたインディペンデント大会を開くと面白いかもね。

                                                                                        

« 書く理由 | トップページ | 長崎の林業 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/16864424

この記事へのトラックバック一覧です: 隠れチェンソーアーティスト:

« 書く理由 | トップページ | 長崎の林業 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎