無料ブログはココログ

本の紹介

« 長崎の林業 | トップページ | 国産材商品の販売の裏 »

2007/10/28

朱雀門と長崎

昨日の続き。

ちょっとした雑談から驚く事実を知ってしまった。

長崎の島原の地に育ったヒノキが奈良に送られていたのだ。そして何になったかというと……。これ!

                                                                          Photo

 平城宮跡に復元された朱雀門! 当時の都の南の門である。

ここには、直径80㎝を越える太さのヒノキがふんだんに使われているが、その木は、長崎産だったのだ。なんでも、奈良の業者が買い付けに来て、70本ほど引き取ったという。長崎にそんな大木が? と半信半疑だったらしいが、ちゃんと管理されていたのである。まだ数百本はあるそうだ。

Photo_3                                              

写っている女性と比べたら、柱の太さがわかるだろう。

                                              

Photo_2

朱雀の額もかかっている。

                                             

ただし、吉野など紀伊半島と違って生長がいいから、太さの割には樹齢は短いという。そして油っ気が少ないという。だが、それがよかった。というのは、写真で見たらわかる通り、復元された朱雀門は、赤く朱が塗られている。これが当時の建築だったからだが、塗料を塗るには、油っ気がない方がよいらしい。下手に吉野産だと、うまく塗れないのだ。

ともあれ、こんなところで長崎と奈良がつながっているとは。
現在復元中の大極殿にも、ヒノキの大木がふんだんに使われている。紀伊半島で集めたと聞いているが、実はもっと全国各地から運ばれてきたかもね。

« 長崎の林業 | トップページ | 国産材商品の販売の裏 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

聞いたところによると、
全国から集められ、吉野では東吉野から出された映像をみせて頂きました。

大極殿に使われるヒノキの柱は、奈良、和歌山、三重産のものだと公式には言っているのですが、どこまで本当かは???です。

東吉野からも、当然出ているでしょうね。ただ、吉野でもヒノキの大木はかなり少ないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/16894407

この記事へのトラックバック一覧です: 朱雀門と長崎:

« 長崎の林業 | トップページ | 国産材商品の販売の裏 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎