無料ブログはココログ

本の紹介

« マツタケと木材 | トップページ | 丹波竜 »

2007/11/20

丹波鹿

また丹波を訪れたのだが、今回の目的は2つ。

そのうちの一つが、丹波鹿だ。ようするに有害駆除される鹿の肉をちゃんと供給して、「丹波鹿」ブランドを作ろうとしている人に会いに行ったのだが、今日は話だけの予定だった。通常、鹿の搬入は、地元の猟師が活動する土日に集中していると聞いていたからだ。

ところが、話を聞いている最中に、鹿を撃った人が持ち込んできた。事前連絡などなく、契約ハンターでもなく、初めての人でも持ち込めるのがウリだ。何より鹿は、すぐに処理しないと肉が臭くなって売り物にならなくなる。そこで、話を中断して解体処理に取りかかった。

おかげで私は、解体の一部始終を見学できることになった。実は、それを見たかったのだが、日程的に合わずに諦めていたのだ。

いや、それはなかなか興味深い過程であった。本当は各工程を全部写真で押さえたのだが、それを掲載するとマズいかなあ。せっかくだからおとなし目の1枚だけ紹介するが、気の弱い方、動物愛護に狂信的な方、菜食主義者の方、血を見るのがいやな方は、拡大しないでおいた方が無難かも。

017                                                

                                               

                                             

ちなみに獲物は2歳の雄で、30キロくらいの中型である。

解体は、30分とかからなかった。撃ってから時間がたっていないので、ほとんど臭わない。また弾は、首筋に当たっており、非常に条件がよい。背や腿に当たっていたら肉は食えなくなるし、内臓でも臭いが肉に移って売り物にはならなくなる。

私は、何も動物の解体を見るのが好きなわけではないが、はっきり言って平気である。いや、興味津々だ。こういうシーンを見ることを避ける人は、肉を食うな、と言いたい(また暴論を)。私は、ちゃんと鹿肉を購入して帰った。明日にでも料理するつもりだ。

そういえば、先日の奈良県の知事を囲む会?で、各山村の首長は、獣害を口々に訴えた。いまや、イノシシより鹿の方が被害が大きいそうだ。
そこで私は、「駆除するだけではもったいないから、それを食べるなど産業化できないか」と発言したのだが、その直後気づいた。「奈良で鹿を食べたらマズいか」。

そうであった、奈良では鹿は神の使いなのであった。その場でこの発言は撤回した。いや、奈良公園の鹿を食べろというわけではないのだが。

獣害、そして2つ目の目的については、また別の機会に。

« マツタケと木材 | トップページ | 丹波竜 »

森林資源」カテゴリの記事

コメント

 カモシカの肉も料理しだいで美味いです。

 http://www.eic.or.jp/event/?act=view&serial=13536
 こんなイベントがあるそうです。

んっ?
木曽のカモシカさん、これ田中さんが講演するイベントやん(つっこんでみました)
カモシカのほうが美味しいっていいますよねえ。

シカ食品で流通してるものの多くは兵庫発らしいですね。
ルートが発達しているとか、何かあるのだろうか。

でもそっか~、奈良でシカ食品を特産にしたら、別のところでイメージダウンですね~
それは、問題だ・・

カモシカはウシ科だから、肉質もウシに近い?

鹿肉は、脂肪分が少ないからヘルシーだと言うのだけど、味だけで言えば、脂肪たっぷりの方がうまいかもしれませんね。それに鹿の美味しい部分は、ほんの少ししか取れないんですよ。

割り箸シンポ、よろしくね。

ペット用を試みている企業もあるみたいですよ~
ヘルシー志向のペットフードかな?
メタボなうちの猫にも・・

そうですね。美味しい部位以外の肉は、ペット用に回したいそうです。でも、そうした生産は、たいてい輸入鹿肉で間に合っているそうで……それにエゾジカもいるからなあ。

静岡の川根(大井川の中流域)では、鹿肉は大体刺し身(にんにくORしょうが醤油)で食します。部位によってですが非常に美味だと思います。刺し身以外の調理はあまりしないので、家庭でも美味しくいただける且つ調理の時間も短い何かいいアイデアがあったら教えていただけませんか?
カモシカも害があるみたいです。カモシカは特別天然記念物ですから、個体数調整というカテゴリーになります。あまり美味しく感じたことがないのですが・・・。カレーとかシチューとかが適当なのかもしれません。

鹿肉料理は、何が美味しいですかね。私も刺身は好きですが、稀に病原菌を持っていると言われます。

竜田揚げは、うまかったな。それとオイスターソースで中華風に仕上げたのもイケル。
すね肉は、シチューかカレー。

でも日本人は鹿肉料理に慣れていないから、販売には調理済みにするかレシピ付きにした方がよさそう。ハムや缶詰は人気があるそうです。

始めまして。
伊丹で、イタリア料理店を営んでます。

「丹波 鹿料理」で検索していたらヒットしました。

今、兵庫県の佐用町産の鹿肉が手に入るようになり、鹿料理をこれから積極的に提供しようと思ってます。

来週、「森林動物研究センター」「姫もみじ」さんに仲間と見学に行く予定です。

先週下見に行って、社長さんと少しだけ話したんですが、「鹿ネットワーク」を作りたいと思っています。

お近付きになりたいですね。^^

鹿肉料理を始めるとのこと、ぜひ頑張ってください。
鹿肉普及→鹿の駆除数の増加、が、日本の山林を救うことになるかも、です(^o^)。

私がどこの鹿肉を購入して、というわけにはいかないし、またどこの鹿でもいいんですが、やはり安定供給体制を確立してほしいです。そのためにはネットワークが必要です。
そして、鹿肉で人気料理を作ってくださることが重要かと。
鹿肉って、赤身でヘルシーを売り物にしていますが、言い換えると油分が少ないため口当たりの美味しさが伝わりにくい。私は、牛肉でも赤身が好きだけど、世間はサシの入った霜降り肉を喜ぶからなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/17134463

この記事へのトラックバック一覧です: 丹波鹿:

« マツタケと木材 | トップページ | 丹波竜 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎