無料ブログはココログ

本の紹介

« 林業先進地・宮崎 | トップページ | 石垣の表情 »

2007/11/16

飫肥杉

やっぱり宮崎に行ったのだから、飫肥杉と、飫肥杉の生える山を紹介しておこう。
飫肥杉は、非常に生長がよいが、油分が多く、昔は船材として重宝された。江戸時代から造林は進められたが、やはり大半が戦後だ。だから林齢は30~40年が多い。それでも、かなりの太さだ。吉野杉の2倍くらいあるように感じる。

12                                                  

                                                

県南の飫肥地方は、まさに一面、スギ、スギ、スギ。尾根までスギである。吉野もスギだらけの山だと思っていたが、負けた、と思ったね(笑)。

で、問題の伐採だが、

6                                               

たとえば、こんな感じ。大面積皆伐までは行かないが、モザイク状に伐採が進んでいる。ただし、この写真のところは再造林をちゃんとしている。

11                                                 

こちらは、イマドキの重機を入れて伐採したところだろう。最近らしく、まだ造林も行われていない。重機用の作業道が生々しいが、これくらいなら傾斜もきつくないし、崩落はしいなだろう。

最近は、宮崎の機械化林業を紹介すると、「あれは土壌を荒らすし、再造林をしていないから、禿山になってしまう」という反論がよく出る。

それは一面の事実ではあるが、再造林率は75%だという。意外と多いように感じた。もちろん裏を返せば、25%、つまり4分の1が再造林をしていないわけで、それなりに問題はあるが、すべての山全体を放棄しているわけではない。
また、私も皆伐すべてをケシカランというつもりはない。皆伐は、それなりに優れた施業法である。また、事後の処理の仕方次第で治山や生態系への影響は、最小限に押さえることができるはず。

話題になったNHKのクローズアップ現代の映像(熊本の100haあまりの皆伐・再造林放棄地)に関した裏話も聞いたが、まさに一部をクローズアップしたのだろう。

こうした風土・地勢抜きに宮崎の林業は語れない。

« 林業先進地・宮崎 | トップページ | 石垣の表情 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/17094157

この記事へのトラックバック一覧です: 飫肥杉:

« 林業先進地・宮崎 | トップページ | 石垣の表情 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎