無料ブログはココログ

本の紹介

« 上野公園の木製舗装 | トップページ | 植村直己冒険館 »

2007/12/07

カニと木材

昨夜はかにすき。今朝はかにめし。かにを堪能したが、お土産に買って帰ろうかな。

とは言っても、ちゃんと仕事もしている。
ただ昨日出会った森林組合長は面白い?不思議だった。とにかく地元の木材は低品質だと強調するのだ。黒芯が多い、目が荒い、太くない…。私や周りが、そんなことないと言うのだが、納得しない。これでは、いかなる新提案も受け入れられないなあ。

カニは自慢でも木材は卑下するんだなあ。

« 上野公園の木製舗装 | トップページ | 植村直己冒険館 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

かには孫で、木材は息子だからじゃないですか?

 なるほど、そうかも知れませんね。
なら、木材は「娘」と思って貰えば、可愛がってくれるかも・・・?

欠点は長所でもあるーー特徴を生かした利用法を開発すれば、"異色の製品として需要が増えるかも"とシロ~トは考えましたが、如何ですか?

息子でも娘でも、あまり世間に「不肖の…」と言い続けると、ぐれますぜ。

欠点は、売り物になる例をかなり紹介したのですが、納得しないのです。ただ、最後に別の森林組合長が反論しました。ホッとしました。

やっぱり褒めて育てましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/17295235

この記事へのトラックバック一覧です: カニと木材:

« 上野公園の木製舗装 | トップページ | 植村直己冒険館 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎