無料ブログはココログ

本の紹介

« 温故知新 | トップページ | 大局的判断 »

2007/12/31

偽の一年と「うちの新聞…」

大晦日である。わりとのんびり過ごしているが、せっかくだから一年の締めくくり(^o^)みたいなことを書こう。

「今年の漢字」は、だったとマスコミは騒いでいる。たしかに数々の食品偽装が続いて世間を騒がせた。ただ、今年が例年になく偽装が多かったわけではない。問題となった店や企業は、何年、何十年も前から偽装を続けてきたのであって、今年はそれがバレた年だというにすぎない。そして、なぜ世間に知られてしまったかというと、大半が告発、それも内部告発だったらしい。

私は、非常によい傾向だと思っている。日本人は、内部告発を嫌う空気が強い。裏切り者という烙印さえ押される。言い換えれば、同じ組織の一員が組織の事情を告発するのは仲間に対する裏切りだと感じるのだろう。正義よりも組織の論理優先である。

私が勤め人だった頃、その会社が発行している冊子や書籍、そして新聞を他人に示すときに、つい「うちの新聞…」という言い方をしてしまうことがあった。
私は、口にしてから「いや、違う。これはオレの新聞じゃねえ!」と心の中で繰り返していた。「うちの…」という表現は、自分と会社組織を一体として認識しているから出るのだろう。しかし、会社を「うちの…」と表現できるのは、経営陣、少なくても取締役以上だけだ。一介の社員が「うちの…」と口にするのは社畜か奴隷に成り下がった証拠だと思っていた。私は、あくまで労働者として、賃金と引き換えの労働によって新聞(冊子、書籍)を製作することに関与しただけである。契約関係としてのマナーや義務はあるが、自分の一部のように表現するのは、自分自身に対して許せなかった。

だから、自分が所属している会社(組織)に、何か法的不祥事が起きたら、真っ先に告発してやろうと虎視眈々と狙っていた(笑)。自分の行動において一つの組織をぶっ潰せたら、面白いではないか……。

まっ、私が知り得た会社の秘密とは、上司の不倫を巡る騒動くらいのものであったので、結局何もなさぬまま退職した。今は、どこにも属していないから、そうした楽しみはない。仮に告発したって内部から行うより破壊力が落ちるだろう。その分だけ、むしろ慎重になって一発必中を狙っている。オイオイ…。

残念ながら? 今だ日本の社会は、何かにつけ「うちの…」と口にする人は多い。普段は自分の属する組織の悪口を言っていても、外部から悪く言われると、途端に弁護し反発する。そんな小心なことは、経営陣クラスになってからにしなさい。

自分が属していようといまいと、自分の価値基準をしっかり持っていれば、悪いことは悪いと断言でき、心を揺らさずににいられるのだ。内輪の意識を持っていると、つい弁護側の論理を展開するが、視点を外部に置いて眺めれば、それが許されることなのかどうか一目瞭然でわかる。そして告発できる。組織を裏切る? そんなことは小さなことだ。
もちろん、告発することで自分自身に被害を及ぶことは避けたいが、かといって自分の利害のために口をつぐむことのカッコ悪さの方を私は避けたい。そんなの関係ねえ! という言葉はこういう時に使ってもらいたい。

新年も、告発は続くだろう。ようやく日本人の意識が変わりつつあることを感じる。

ちなみに林業・木材業界も、実は偽だらけだ。産地偽装やら材質偽装はざらにある。さらには樹種偽装もある。とくに外材の樹種表示はデタラメもここに極まれり。また杉と大きく書かれた外材商品がホームセンターには並んでいる。口にするものではないから消費者も甘いのか。業界の方々、油断なさらぬよう。そのうち告発する人が出ますよ。

以上、えらく重い年末の辞でありました。

« 温故知新 | トップページ | 大局的判断 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

 フジテレビの新春かくし芸。
  チェンソーで、口に加えた鉛筆を伐るという馬鹿げた事をやってましたが、腹が立ってしょうがない。
 やる方もばかなら、放送するフジテレビにも重大な責任がある。
 業界関係者みんなで抗議しよう。
 
 労働基準局もだまっていたら、責任重大ですよ。
 日頃安全、安全作業って言ってながら見過ごせないと思う。
 命がけで仕事している者より。

そう、だから田中さんのように経済的に自立したいんです。

内部告発こそ主権民衆、この生き方をするために強く生きようと、あと一仕事。

「隠し芸」番組については、別項に。

主権民衆…いい言葉ですね。「生きさせろ!」という言葉(書名)がありますが、まさに生きるためには声を上げねばならないと感じています。逆に言えば、声も上げずに「生きさせてください」と念じても無理。

私も経済的にはカツカツですが、社畜になるよりマシと思っています。

マシ?どころか、最高に値打ちのある尊敬すべき生き方です。

渾身、後に続きます。
不器用は不器用らしく・・・

社畜に近いかもしれないになみです。
使い捨てかもしれません。ぼろぼろに使い切られてしまった人を何人も見るたびに、
人事から我事へと身の危険を感じます。
でもくたびれて、エネルギーがなくなると、どうにもならないの。

それでも所属する者として、責任感を持って仕事をしたいです。
属しているだけなんだと、責任逃れはしたくないのです。
責任を持つべき、要の人はどう考えているんだろう。
『責任を取る』って、辞めたり給料返したり、そんなことじゃあないはずなんです。

うーん、よくわからないことを書いてしまいました。失礼しました。

他人から見て社畜であることと、
本音でそう思っているのとは違うでしょう。

本音は「私は社賢だぁ!」と宣言し続ける自由もありですよね?

「社畜」かどうかを決めるかは、「組織」との心の距離の取り方で決まるものです。

外部への責任感は大切です。むしろそれがなく、組織と自分の身分の保身を考えている人こそ、実体をなくした社畜そのものかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/17534266

この記事へのトラックバック一覧です: 偽の一年と「うちの新聞…」:

« 温故知新 | トップページ | 大局的判断 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎