無料ブログはココログ

本の紹介

« ファイヤーサイコロジー | トップページ | 日本製紙の再生紙 »

2008/01/15

ボルネオの限界集落化

先にボルネオをテーマにした会を開いたと記した。

そこで気になったのは、ボルネオは代々貨幣経済が発達した地域であったということ。意外や秘境どころか、交易のメッカであったのだ。だから比較的裕福だった。
交易の品は、森林産物(ゴム、ラタン、香料…)だったり、木材だったり、石油だったりと時代とともに変化してきたが、今ではバイオマス・エネルギーが主流となりつつある。パームオイルやアカシアの植林も大々的に行われている。

しかし、これらは装置産業であって、みんな出稼ぎに出るようになってきた。

そこで広がっているのは、各地の集落の過疎・高齢化の劇的な進行であり、限界集落化である。若者は、みんな町に出て働き、ジャングルの村にはもどって来ないのだ。

実は私も体験している。それこそ丸1日、ひどい林道をトラックの荷台に乗ってたどり着いた村には、老人しかいなかった。巨大なロングハウスも、空き部屋が目立ち、賑わいがないのだ。

私は、日本の山村で進行していることが、ボルネオでは猛スピードで先を進んでいると感じた。ほんの10数年前まで、こんなことはなかった。日本が戦後50年かけて進行させた過疎・高齢化を、ボルネオはその何分の1かの時間で進ませてしまった。

ボルネオのジャングルは、先住民の世界である。そこが限界集落から消滅集落となると、それは少数民族の文化が消滅することを意味する。日本の村から祭りが消えることを嘆くどころか、下手すると言語が消える。風俗慣習が消える。血も絶えるかもしれない。

ただ。ここで件の先生は、言った。「それでも、ボルネオは最低ラインの生活はできます。米は作れるし、村の周辺を歩いたら、何か食べられる草が生えている。だから飢え死にすることはない」

この先生、1年半ほど、実際に部落で生活していて、米と草しか食べない生活を送っていたそうだ。貧しいが、死ぬほどではない、というのは、ボルネオといを熱帯の世界の豊穣性を表すと同時に、抜本的な改革が行われるきっかけをつかめないことを意味する。

私は、日本の山村でも「無理な改革をしないという選択肢」を示したことがあるが、ボルネオでは無言で進行中だ。

ボルネオのジャングルで進行していることは、日本の山村のモデルになるかもしれない。

« ファイヤーサイコロジー | トップページ | 日本製紙の再生紙 »

森林資源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/17708863

この記事へのトラックバック一覧です: ボルネオの限界集落化:

« ファイヤーサイコロジー | トップページ | 日本製紙の再生紙 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎