無料ブログはココログ

本の紹介

« 国産割り箸の売り方 | トップページ | 捨てるシステム »

2008/01/20

薪割りと割裂性

今日は、吉野チェンソーアートスクール開講日。

私もお手伝いに行くが、仕事は受付のほか……薪割り。使い物にならないスギの丸太を伐って、割って薪にする。

と言っても、実は斧で割るのではなく、薪割り機があるのだ。油圧でバシッと割っていく。随分楽になったものである。

これが面白い。単に割るという行為だけでなく、スギは実に割裂性のよいことが実感できる。そして割れ方を観察すると、木目の繊維がよくわかる。節があると、その節の周りに曲線を描いて割れる。赤身と白身の間が削げる時もときもある。これで「樽丸」を作ったり、ヘギ板を生み出した先人の知恵を感じる。

そして何より美しい。切ったのではなく、割った表面は繊維のデコボコがあるが、それが光を乱反射して、えも言われぬ陰影をつくる。微妙に不規則な木目は、幾何学模様とは違った安心感がある。これが「自然らしさ」なのだろう。

日本は縦挽きのノコギリがなかなか誕生しなかった。たしか室町時代までは横挽きしかなかったのだ。縦挽きできないと板を作りにくく、建築も発達が遅れる。それでも済んでいたのは、スギに代表される割裂性のよい木材が豊富だったからだろう。同時に、昔からスギは板材として使われたことも感じる。
割ることで板をつくることは、効率は悪い。下手すると1本の丸太から1枚の板しか取れなかったりする。しかも表面はまっ平らとはいかない。その後ヤリガンナで削って成型するとしても、微妙なずれが出るに違いない。それでも、室町時代以前の日本人は、これでいいかぁ、と思っていたのかもしれない。こうした板の表面が気に入っていたのかもしれない。そして、こうした板の様子が日本文化に影響を与えたのかもしれない……。

……とまあ、薪割りをしつつ、こんな大袈裟なことを考えていた。薪割り機のおかげで疲れないから考えられたのかも。斧を振るっていると、頭は真っ白だからね。

割った薪を積み上げた。

013 これも不規則の美である。

« 国産割り箸の売り方 | トップページ | 捨てるシステム »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/17769212

この記事へのトラックバック一覧です: 薪割りと割裂性:

» ジグソーパズル [雑学博士になりたいっ!!,薪割りと割裂性]
ジグソーパズルのジグソー(jigsow)とは糸のこぎりのことで、昔は絵をはった板を糸のこぎりで切って作られていました。ジグソーパズルは1760年代のイギリスで初めて作られましたが、もともとは国の形を覚える教材として地図製作者が考案したものでした。... [続きを読む]

« 国産割り箸の売り方 | トップページ | 捨てるシステム »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎