September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« カピバラ | トップページ | 割り箸の卒論 »

2008/01/06

柳箸から考える

正月も明けて……と、柳箸を終了させることにした。今晩から、またマイ割り箸である。

自宅でも国産割り箸を使っているとはいえ、正月は本柳(ミズキ)の箸を使う。ご存じの通り両細の丸い箸だ。正直言って、あまりつかみ心地はよくないので好きではないが、正月はこれだという伝統なのだから仕方ない。ちなみに柳箸も、大半が中国製のようだ。

とはいえ、自宅の割り箸は一~二週間使うのに対して、柳箸は数日だから、どちらかというと柳箸の方が使い捨て度は高いことになる。マイ箸派の人は、正月はどうしているのでしょう(^o^)。

なぜ正月がこの箸なのか起源はよく知らないが、柳には霊性があるとされるから、その関連かもしれない。また両方でものをつかめるが、本当は片方を神様が使う方という意味があるらしい。だから両方を使ってはいけない。私は、反対側を取り箸代わりに使ってしまうが……。

割り箸も柳箸も、どちらも使い捨て。それには日本人特有の神様とのつきあい方があるようだ。その点も割り箸論を展開する際に考えておかねばならないだろう。

他方、他の民族には自分の食具を決める例を知らない。ナイフやフォーク、スプーン(匙)にしろ、皿やお碗、カップの類まで、自分のものと他人(家族)のものを分けることはない。洗えば次に使うのが誰かわからない。
その点からすると、マイ箸、マイカップ、そしてボトルキープに至るまで日本人特有の所有意識があるとも考えられる。

割り箸は日本独自のものという言い方をするが、実はマイ箸こそ日本特有のものかもね。

« カピバラ | トップページ | 割り箸の卒論 »

割り箸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳箸から考える:

« カピバラ | トップページ | 割り箸の卒論 »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎