無料ブログはココログ

本の紹介

« 柳箸から考える | トップページ | ボルネオは地球温暖化を救う? »

2008/01/07

割り箸の卒論

昨年末、女子大生が割り箸のことを調べに来たことに触れた。

彼女から、完成した卒論原稿が届いた。ほかほかの湯気の立ってそうな原稿(^o^)。

まだ熟読していないが、力作である。その気になれば粗削りだとか、考察の展開とか、職業柄気になる文章表現とか、チェックを入れられる点はあるが、何よりよく調べている。参考文献の量も馬鹿にならないし、現地取材したことも生きている。

逢ったときも勧めたのだが、こうして調べたことを眠らせるのは惜しい。卒論は、だいたい指導教官やゼミなどの教室に眠ってしまうのがオチだが、今ならホームページなどで世間に問うとよい。もちろん自信がある内容でないと、どんなリアクションがあるかわからないが、世間に問うことで書く行為にも真剣さが伴うだろうし、書き上げたらオシマイではなく新たな展開も期待できる。

実は拙HPに載せている「ゴルフ場は自然がいっぱい」という記事は、昔出版のために書いたのだが、その際に「ゴルフ場の自然」について調べた研究・文献の少なさに泣かされた。それがひょんなことから知り合ったのが、某大学院生である。彼が修士論文のために調査したのがゴルフ場の自然についてのデータであった。
これは、当時も今もほかに類を見ない研究だと思う。ゴルフ場にどんな動植物がいて、植生の変遷がどのようになっているか、なんて、どんな本にもない。ゴルフ場内に、絶滅危惧種の草が生えていたとかも、公式データには載っていないだろう。とはいえ、論文としては埋もれているもので、私はたまたま知り合ったので読むことができたが、通常なら手にすることは難しいだろう。

同じことが、この卒論にも言えるかもれない。もし公開されたら、また誰かが割り箸に興味をもってくれるかもしれないよ。読んでる? ミホさん(^o^)。

« 柳箸から考える | トップページ | ボルネオは地球温暖化を救う? »

割り箸」カテゴリの記事

コメント

読んでいます(笑)さっそく記事にしてくださっているのでびっくりです!
卒論、改めて読んでみたところ、回りくどい言い回しが多くて自分でも読みづらいところが多々ありました…

何かあれば、メールでも電話でも、ブログ上でも、ぜひご意見ください。
ブログ、また見に来ますね♪

読みたいなあ・・

私もとても読みたくなっています。

ほらほら(^o^)。どうする?

私は、読みましたよv(^o^) 私も知らなかったことが結構ありました。

寒中お見舞い申し上げます。
今年も宜しくお願い致します。
私の処へも、卒論で割箸を取り上げるのでと言うお話がありましたが、調べて解らないところが有ればお教えしますと、言ったらそれきりでした。田中さんがお薦めならば、ぜひ拝見したいです。下川の冬は例年になく雪が少ない冬です。明日から冷えそうです。
祝箸は、アスペンが多いようです。水引はまた違う国で作ってます。
アスペンで作るのは北海道から始まりました。値段が高いのは、やなぎですが、安いのはアスペンと思ってください。

ほらほら、どうする? ミホちゃん(^o^)。

伸ちゃんに心当たりがあったら、ちゃんと挨拶して、報告しなさいね。

忘れていました。伸ちゃんさん、コメントありがとうございます。北海道下川町の方ですね。

そうか祝箸と言っても柳ではなく、アスペン製もありますか。うちもそうだったかもしれないな。中国製なら、とくに。

関西は温かい冬が続いています。そのうち春一番が吹くのではなかろうか…。

ミホちゃんご安心下さい
私のところは、フミちゃんです。

明日から-15度くらいになる予報が出ております。

ちなみに室内は20度です。
薪スト-ブは温かいですよ!!

あわわわ

なんだか嬉しいコメントです!
ちょっとプレッシャーですが…

ホームページだとちょっとよくわからないので、ブログならもう少し手軽にできるかな?
学校でウェブにのせる方法を学んだことがあったので、テキストをひっぱり出してきてブログとリンクさせる形でアップしようかな、と考えております。

それか、田中さんのブログからリンクを張っていただく、など…おこがましい提案かもしれませんが(><)

とにかく、卒論提出後、ウェブにのせることからやってみますね。
「忘れたころにやってくる」になるかもしれません…が、出来たらまず田中さんに報告するような形でよろしいでしょうか??

伸ちゃんさん>
一瞬、あせりました(笑)

公開の仕方はお任せしますが、リンクは歓迎するし、コチラからも喜んで張りますよ。なんなら私のHPに取り込もうかなあ…おっと、失礼。

でも、これで卒業後も割り箸から離れなくなりますよ(⌒ー⌒)。


楽しみがまた一つ増えました。最近、知り合いの定食屋に国産割り箸を勧めています。

>とはいえ、論文としては埋もれているもので、
>私はたまたま知り合ったので読むことができたが、
>通常なら手にすることは難しいだろう。

一応公開されているものとしては,

http://ci.nii.ac.jp/vol_issue/nels/AN10455955/ISS0000311500_jp.html
のp.589-のものがありますね.2001年の日本造園学会発行「ランドスケープ研究」(Vol.64, No.5)です.

たぶん
http://homepage2.nifty.com/tankenka/golf2-4.html
で紹介されているものの一部抜粋です.

さすが本職。論文探しのプロですね。

すでにインターネットにアップされていましたか。時代は進んでいるなあ。

そういえば、昨年だったか、土倉庄三郎の講演記録がインターネット上で読めました。明治時代の文書までアップされているんですね。感激でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 割り箸の卒論:

« 柳箸から考える | トップページ | ボルネオは地球温暖化を救う? »

May 2019
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎