無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 日本製紙の再生紙 | トップページ | 1月17日 »

2008/01/17

中国の森林率

中華人民共和国の新聞に、次のようなニュースが載った。短いので、リンクを張るよりコピーを載せよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中国、森林資源の増加が世界一

全国林業庁局長会議で14日、中国は森林資源の増加が世界で最も著しい国となり、中国全土の森林被覆率は2010年には20%に達することが明らかになった。

国連の世界森林資源評価(GFRA)によると、世界の森林面積は年間で平均約670万ヘクタールずつ減少している中で、中国の森林面積は年間で平均400万ヘクタールの増加を続けているという。また、人工林面積の年間平均増加率は世界の53.2%を占める。

中国は現代林業の全面的な建設を通じて、2010年までに全国の森林被覆率が20%、森林蓄積量が132億立方メートルに達することで、森林の質的効果の大幅な改善を図り、林業の生態・経済・社会の三大機能を強化していく。(編集KA)

「人民網日本語版」 2008年01月15日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ようするに中国の緑化はとてつもないスピードで進んでいるらしい。年間400万haって、日本の人工林面積が、たった2年半で植えてしまうことである。

ただし、やはり問題は「中国の統計は信じられるの?」である。いや、政府発表が信じられるのかと言うべきか。

拙著『森林からのニッポン再生』でも中国の緑化の進展については触れたが、実は半信半疑でまるごと信じていない。植えても枯れる分があるのはもちろん、役人が姿を消したら引き抜いて転売したり、薪にするケースも多いのではないか。

以前、この公式植林面積のうち本当に森林化するのは何割か、と考えて、中国通の人に6割ぐらいですかねえ、と尋ねた。すると、いやいや、せいぜい4割だよ、という答。
すると400万の4割で160万haか。まあ、それでもすごい数字ではあるけれど。

緑のシルクロードが完成する日は来るのだろうか。

 
 

« 日本製紙の再生紙 | トップページ | 1月17日 »

コメント

160万ha。
事実だとすると、凄い。素晴らしい。

USAは確認しているんでしょうかね?

重要な数字、ありがとうございました。


緑のシルクロード。
思うだけで何かが滲みます。。。

あくまで160万haくらいというのは推測ですよ。公式には400万(笑)。でかい国は、やはり一桁大きい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の森林率:

« 日本製紙の再生紙 | トップページ | 1月17日 »

January 2022
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と筆者の関連リンク先