無料ブログはココログ

本の紹介

« 水車の力 | トップページ | 田舎の盛り場 »

2008/02/17

2日連続の田舎暮らしセミナー

土日と、高知-京都を渡り歩いた。

その間のドタバタは、またの機会に(ホームページが裏ブログに書くかもしれない)するが、どちらも仕事は、田舎暮らしのセミナー

ただし、高知の嶺北では、田舎暮らし希望者を迎える側。そして京都は田舎暮らしを希望する側。まさに裏表の関係各者が対象であった。
その意味でどちらにも応用が聞いて面白かった。高知で関係者と話した内容を、即京都に伝えることができたからだ。また京都では、高知で田舎暮らしする手もあるでぇ、とお勧めしておいた(^^;)。

その具体的なこともおいおい報告できればと思うが、ちょっと意外な出会いもあった。

まず高知で会った一人は、昨年冬の宝塚で開かれた田舎暮らしセミナーで出会った人であった。彼は、すでに高知に移住して活躍中なのである。

そして京都の会場では、フリーペーパーの記者として、かつて朝日新聞で記者をしていた人に声を掛けられた。彼は私と初対面と思っていたようだが、実は以前会っている。
それは、拙著『チモール知られざる虐殺の島』の取材でであった。この記者は京都大学探検部出身であって、当時ポルトガル植民地だった東チモールに訪れている。そして『忘れられた南の島』を出版していた。私は、その本を読んで著者に会いに行ったのである。

今は、定年退職後にフリーペーパーを発行して、自分で取材して回っているようだ。思わず東チモール情勢の話題になったよ。当時は、私も国際派のルポライターだったのである。

« 水車の力 | トップページ | 田舎の盛り場 »

地域・田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/40162953

この記事へのトラックバック一覧です: 2日連続の田舎暮らしセミナー:

« 水車の力 | トップページ | 田舎の盛り場 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森と林業と田舎