無料ブログはココログ

本の紹介

« 中国製割り箸はどうなった | トップページ | テンプレート変更 »

2008/04/19

見えない桜

雨上がり。気分転換に裏山を歩く。

ふと気づくと、足元は、桜の花びらがてんてんと雪のよう。

004

                                            

                                           

が、見上げてもサクラの木は目に入らない。もともと雑木林であり、結構繁っているから、上の木は見えにくいのだ。しかし花びらがあるんだからサクラが咲いていたのだろう。

しばらく行くと、道一面がサクラの花びらに覆われた。

005                                                

                                               

しかし、サクラの木は見えない。かなりの大木で、背も高いのだろう。

ようやく広い道に出た。

あった!

006                                               

                                              

結構、大木だ。この木が花びらをまき散らしていたのか。でも樹木の花よりも地面の花びらに見とれてしまう。

                                       

サクラというと、今や密植されたサクラの園が当たり前になっているが、本来のサクラは数ある樹木の一つとして、里山に点在しているものだろう。しかも山桜のように葉と一緒に咲く種である。つまり、ほかの木も若葉が繁りだしているから、花はあまり見えないのが普通ではないか。

サクラは人間の鑑賞のために花を咲かせるわけではない。
でもサクラの花からはハチミツが採れるから、ミツバチは確実にサクラを見つけ出してくれる。しかしミツバチの目は、色がわからないはず。言い換えると、ミツバチは、視覚ではなく匂い?でサクラを発見しているのだろう。そこでは匂い物質で森林を感知している世界があるのだ。

視覚で森を見ているのとは、違った世界が作られているのではないか。人間はその森林には気づいていないのかもしれない。

せめて、落ちた花びらから桜吹雪を想像する感性くらいは持ち合わせたい。

雨上がり 靴の裏みて花見かな

« 中国製割り箸はどうなった | トップページ | テンプレート変更 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

なるほど、そういう見方、考え方もあるんですね。
嗅覚、聴覚での認識はどのようになっているのでしょう、識りたいです。eye

この一句、誰がうたったものでしたっけ?
えっ、「田中淳夫さん」? (シツレイイタシマシタ)shine

仮に視覚であっても、複眼の昆虫の見る世界は人間と違っているし、鳥の目、樹上の猿の目、みんな違う森が映るんでしょうね。

駄句、失礼しました。m(__)m

「駄句」は過小評価が過ぎます。^^

遊び人、そう森遊び人であるかどうかで鑑賞する力が問われているのです。

私?

もちろん100点満点でしょう。(^^


追伸

デザインの進化、ありがとうございます。

サラッとした開放感がいいですねぇ。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/40928423

この記事へのトラックバック一覧です: 見えない桜:

« 中国製割り箸はどうなった | トップページ | テンプレート変更 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎