無料ブログはココログ

本の紹介

« テンプレート変更 | トップページ | CO2削減は町内会の役員から »

2008/04/20

シラカバ花粉症

奈良では、いよいよヒノキ花粉が終焉に近づいたという報道がされていた。

そうか、スギの次にヒノキ花粉が散っていて、それで花粉症になる人もいたんだ。そのことを思い出した。

ところが、別のニュースで、北海道ではシラカバの花粉が例年より10日以上早く飛び散り始めたと伝えている。しかも史上最大規模だという。

シラカバ花粉も、花粉症を引き起こすらしい。スギ花粉に悩む人が、スギのない北海道に逃避旅行をすると言われているが、北海道には北海道の花粉症が待ち受けていたことになる。

スギやヒノキの花粉症の人は、シラカバ花粉にも反応するのかどうかは知らない。しかし、花粉症からは逃げられない日本列島なのだ。

ちなみにシラカバの花粉がそんなに北海道で増えたのは、植林したわけではなく、おそらく過去の開墾地が放棄されて、そこに自然繁殖したのだろう。これでは誰かに罪をなすり付けることはできないねえ。

« テンプレート変更 | トップページ | CO2削減は町内会の役員から »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/40942153

この記事へのトラックバック一覧です: シラカバ花粉症:

« テンプレート変更 | トップページ | CO2削減は町内会の役員から »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎