無料ブログはココログ

本の紹介

« カタクリ群落 | トップページ | タケノコ豊作 »

2008/04/28

移住先探しと拙著

IJU info」という雑誌をご存じだろうか。「農林漁業就業・ふるさと情報」というサブタイトルも付いている。全国農業会議所が発行している無料の田舎暮らし(第一次産業就業)情報誌だ。

IJUとは、移住と読んでもいいし、Iターン、Jターン、Uターンのことでもある。サイトでも内容はアップしている。

2008年初夏号の特集2は、「近畿地方のIJUライフ」であった。それに目を通していると、次の記事が目に止まった。

「山への切符は1冊の本」と名打って、二人の移住者を紹介している。ところは、奈良県川上村の有限会社ヤマツ産業。

詳しくは記事を読んでいただけたらよいが、ようするに林業への就職を考えた二人は、たまたま読んだ1冊の本に影響されて、その本の著者・辻谷達男氏の元(ヤマツ産業)を訪ねた、というものである。

この本のタイトルは、「山は学校だった」(洋泉社)。著者の半生記である。

で、この本を執筆したのは、私(笑)。書名をクリックしていただければわかる。
つまり私が書いた本が、少なくても二人を林業の世界に誘い込み、田舎暮らしさせたことになる。よかったのかな~。

もちろん私は、今も辻谷さんとはおつきあいがある。お世話になりっぱなしだ。前にお会いしたときは、この本の続編を書きたいと言っていた。残り半生を描く。タイトルは「山は病院だった」(笑)。

残念ながら、この本はすでに絶版。興味のある方は、図書館などで目を通していただきたい。

« カタクリ群落 | トップページ | タケノコ豊作 »

書評・反響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/41019432

この記事へのトラックバック一覧です: 移住先探しと拙著:

« カタクリ群落 | トップページ | タケノコ豊作 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎