無料ブログはココログ

本の紹介

« さくら、さくら… | トップページ | 書評「桶屋の挑戦」 »

2008/04/07

お土産

昨日のチェンソーアート練習場「吉野アートスタジアム」からお土産に持って帰って来たのが、これ。サクラだけではないのだ。

009                                                

                                                 

ようするにスギの原木の元玉(根元)の輪切り。大きさを比較できるようにと、靴を置いてみた。
長径は1m近くあるかな。ただ年輪は幅広いので吉野材らしくない。樹齢は100年行くかどうかだろう。

こんなのがスタジアムに転がっていて、「邪魔だから燃やす」と言うので(事実、もう1枚あったのだが、燃やされた)、もったいなく感じて持って帰って来た。

できればテーブルにしたい。いや、まな板もいいなあ…と考えては楽しんでいる。表面をツルツルにするのは大変だから、鉋を手に入れようかと思う。もっとも、置くところがないので、庭に設置しようとも思う。そこでお茶するのだ。それなら、あまり磨かなくてもいい。

ほかにも130年生のヒノキの片ももらってきた。これは車に積んでおくと素晴らしい芳香剤になる。香りが、普通のヒノキとは少し違う。

こんなお土産がいっぱいある。

« さくら、さくら… | トップページ | 書評「桶屋の挑戦」 »

森林資源」カテゴリの記事

コメント

こんばんは お邪魔します。
お写真をみて思い出しました。
昔主人が木工芸品を扱っていまして、
輪切りのテーブルや衝立、花台。
桑の根っこの置物などを卸していました。
そんな値打ち物を燃やすなんて、勿体無いですね~。sad

へえ、そんな仕事もされていたのですか。

山には宝の素材がいっぱいあるんです。でも、それを活かせる人がいないとね……。そして元を取れるようにできないと、捨てられてしまう。
私も、これを商品にするほどの技術はないけれど、自分で楽しむくらいはできるかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/40808818

この記事へのトラックバック一覧です: お土産:

« さくら、さくら… | トップページ | 書評「桶屋の挑戦」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎