無料ブログはココログ

本の紹介

« 病と緑 | トップページ | 書評「ローカル線ガールズ」 »

2008/05/08

紫の杉

先日、吉野に行った際に見かけた木。

Photo_2                                                 

                                              

スギのはずなのに、なんかヘン。よく見ると、紫……いや藤色に染まっている。

なんのことはない、スギにフジがはびこり、花を咲かせているのであった。そのためフジの花のうすむらさきと、黄緑の新葉の色が際立っていたのである。

本来なら、世話をしていない証拠のけしからん現象なのだが、今では「これも景色かな」と思ってしまう。

そういえば、スギの新緑というのはないのだろうか。暗緑色ばかりではなく、もえぎの色も目立てば、杉山の景観を楽しくすると思うのだが。

« 病と緑 | トップページ | 書評「ローカル線ガールズ」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

確かに最近、こういう「ヤマフジツリー」と化した杉を良く見かけますね。あまり蔓延り過ぎると巻き付かれた木の方が枯れてしまうと聞きましたが…。

藤が巻きつくと、締めつけられる上に光合成も邪魔しますね。本来ならすぐに蔓を切るべきですね。

それにしても藤の生命力は凄いです。いくら切ってもどこかしら伸びる。でも、昔は丸太を組んで筏や木馬にするのに欠かせないアイテムだったらしいですよ。やはり利用されていたんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/41132212

この記事へのトラックバック一覧です: 紫の杉:

« 病と緑 | トップページ | 書評「ローカル線ガールズ」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎