無料ブログはココログ

本の紹介

« 山林の転売 | トップページ | ブロッコリー »

2008/05/20

吉野高校林業博物館

久しぶりに土倉庄三郎のことに触れる。

先日、吉野高校にある林業博物館を見学した。実はこの高校の森林科学科は、かつての林業学校で、庄三郎が設立に関わっている。

博物館は、古ぼけているが、なかなかどうして、資料は一級品が揃っている。奈良県の林業関係の見本や資料としては、一番貴重なものがあるかもしれない。013                                                                                          

これは春日山原始林の春日杉。台風で倒れたものだが、もっとも太い根元の輪切りだ。そのほか何百という樹種の見本や木材関係の本物の資料が並ぶ。

それに割り箸関係、吉野川の古い写真。そして、土倉庄三郎と妻の肖像画。

001                                                                                                   

                                                                                                                        

実は、これまでため込んだ土倉関係の資料を改めて整理している最中。数にして140を超えており、とても読みきれない。

庄三郎の事績を並べると、紀州藩がかける税金撤廃運動から始まり、自由民権運動のスポンサーになり、同志社大学や日本女子大の設立に尽力し、吉野山のサクラを救い、吉野川を大改修し、五條から三重まで抜ける東熊野街道を開設し、大台ヶ原と大杉谷を開発し、奈良公園の改良計画を手がけ……

ほとんど家業に関係ないことに金を費やしている。そのため、「父が築いた土倉家の財産を散じた」と表現されたりもする。

ところが、ちゃんと元を取っているのである。吉野林業と関係ないことをしているようでいて、結果的にそれが吉野の名を上げ、木材の流通をよくし、吉野材価格を高騰させ、ちゃんと儲けている。社会貢献は他人のためならず、だと感じる。
この学校もその一つかもしれない。

« 山林の転売 | トップページ | ブロッコリー »

土倉庄三郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/41271788

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野高校林業博物館:

« 山林の転売 | トップページ | ブロッコリー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎