無料ブログはココログ

本の紹介

« 書評「未来への卵」・クニの形編 | トップページ | 山村再生セミナー »

2008/05/28

書評「未来への卵」 終

Photo                                                

書評と書きながら、1冊の本で何日も引っ張りすぎなので、今回で終わりにする。

                                           

 かみえちご山里ファン倶楽部                                          

すでに内容については、断片的ながら紹介したが、ではこの本はどうなのか。

実は、そんなに読みやすい本ではない。決して難しい書き方をしているわけではないが、一つの組織の歩みを追うには複雑だ。おそらく現実はもっと複雑な過程を経ており、それを精一杯整理してはしょって、このような形にしたのだろうが、それでも、活動内容が多岐に渡りすぎて複雑だし、書き手の思いがいっぱい詰まっていて重くなっている。

だから、読む際には行間を読み取る覚悟がいる。そして断片的な出来事から何を学んだのか反芻する必要がある。

それでも、読む価値はある。これほどのNPO活動のノウハウ情報が書かれた文献はほかに知らない。もし、地域づくりに興味があって、本気に取り組んでいる人、あるいは取り組もうと思っている人。またNPOなどの組織運営に悩んでいる人。田舎社会に暮らしてみたい人。この本はヒントの山である。

本当に読んでほしいのは、中央の人々だ。首都にふんぞりかえっていては見えない世界がここにはある。永田町や霞が関の人々こそ、目を通すべきだ。

実は、私にとってもネタ本になりそうだ。だからここで紹介すると、今後の執筆活動に不利になると思ってしまう(笑)。ほとんど自費出版だから、部数も少ないし、一般の人が手にすることは少ないことを願っている。オイオイ

« 書評「未来への卵」・クニの形編 | トップページ | 山村再生セミナー »

書評・反響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/41352279

この記事へのトラックバック一覧です: 書評「未来への卵」 終:

« 書評「未来への卵」・クニの形編 | トップページ | 山村再生セミナー »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎