無料ブログはココログ

本の紹介

« 山村再生セミナー | トップページ | 投稿に見る林業家の意識 »

2008/05/31

九州国立博物館

せっかく福岡に行ったのだから、と翌日訪れたのが、オープンしてまだ日の浅い九州国立博物館。

2                                          

とにかくデカイ。なんだ、この形は、というデザインである。高さ36メートルだが、長さが160mだという。

東京、京都、奈良、に続く国立博物館だというが、大阪には国立の民族学博物館があるし、たしか千葉には歴史博物館があったのではなかったっけ……。まあ、そんなことはどうでもよいが。

で、その中の1階エントランスの吹き抜け天井を見上げると

4                                             

わかるだろうか。丸太が張りめぐらせてあるのだ。太さは、ちょっとわかりにくいが、20㎝くらいだろうか。

おお、木を使ってあると喜びかけたが、よく見ると何の役割を果たしているのかわからない(^^;)。建物の構造自体は、鉄骨軸にSRCである。

6 こちらは壁だ。同じく丸太が並ぶ。

                                                   

ようするに装飾だろうか。でも、かなり多くの丸太を使ってくれた。当然、九州産だと思いたい。こんな使い方なら、どこでも使えるはず。強度も関係ないし、加工もいらない。国立ゆえの使い方か(笑)。

ちなみに5 下はエントランスから見た4階部分。大規模集成材のようだ。

                                                 

                                                

そして、8 こちらは発掘された太宰府の柱材。針葉樹、とだけ記されている。ちゃんと樹種を特定してほしいな。

« 山村再生セミナー | トップページ | 投稿に見る林業家の意識 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/41381576

この記事へのトラックバック一覧です: 九州国立博物館:

« 山村再生セミナー | トップページ | 投稿に見る林業家の意識 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎