無料ブログはココログ

本の紹介

« 造林ビジネス | トップページ | バイオ燃料のネック »

2008/06/17

杉焼板

Photo                                               

                                                

生駒の山中の民家で見かけた外壁は、杉製の焼いた木板だった。

懐かしい感じ。昔は、家の外壁だけでなく、塀も多かったし、当たり前のように見たのだけど。ただこの家は、ちゃんと杉焼板の壁にも、サッシが入っている(^^;)。そこだけ現代風。

焼板は、表面を焦がして腐朽しないようにする伝統的な技術だ。時間とともに風情が出るのもいい。一般的な素材だと、徐々に汚れが目立つが、こちらは渋くなる。

もちろん万能ではないが、実は火に強くなり、防水効果もあるそうだ。木材は、表面が炭化することで、熱を通しにくくなるからである。炭は、電磁波も通さないから、そうした機能も売り物にできるかもしれない。さらに軽いから地震で倒れて人身事故になることも少なかろう。

デザイン的にも楽しめるから、もっと流行ってもよいような気がするのだが。

« 造林ビジネス | トップページ | バイオ燃料のネック »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/41565668

この記事へのトラックバック一覧です: 杉焼板:

« 造林ビジネス | トップページ | バイオ燃料のネック »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎