無料ブログはココログ

本の紹介

« 海上の森 | トップページ | マイクロクレジットと消費者金融 »

2008/07/13

モリコロパーク

海上の森から帰った。

なかなか面白い経験や人にも会ったのだが、その話は改めてするとして、海上の森が舞台になった「愛・地球博」は、実際には隣接する長久手の公園を会場とした。そこが、現在パビリオンなどを撤去して整備中である。

そして、その名前が「モリコロパーク」。

記憶にある人もいるだろうが、実はこのブログの前身(現在は裏ブログ)は、『だれが日本の「森」を殺すのか』というタイトルだった。なぜなら、拙著のタイトルをそのまま使ったからである。そしてこの長いタイトルの略称が、森コロ、モリコロ、である。

もちろん公園名のモリコロは、博覧会のキャラクター、モリゾー・キッコロの略なのだが、思わず、看板に目が行ってしまった。

思えば、このブログ、拙著の発売記念に思いつきでスタートした。ほとんど頭に浮かんで十数分後に作っていたもんね。そして期間限定?のつもりだった。本の販売が一段落したら止めるつもりだったのだ。
それなのに続いているねぇ。それどころか、プログが二つになっちゃったし。

また、模様替えしようかな(^o^)。

« 海上の森 | トップページ | マイクロクレジットと消費者金融 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

>モリコロパーク

 しかし、あそこも愛知県の人々には今は
「スケート」(浅田真央など)の為とも(^^;)

 大体地元TVでも「リニモ」の採算が~が中心の
話題しかないです・・・
 田中さんは「リニモ」乗られましたか?

こんばんは

>そして、その名前が「モリコロパーク」。
”旧愛知青少年公園”に散々、世話になった世代としては、戸惑いを禁じ得ない名称なんですよねぇ。
それにマスコットキャラクターの「モリゾー&キッコロ」にしても、先鋭的な”万博開催反対派”の中では「森憎&木ッ殺」って酷評されてたんだし。

”海上の森”が「現在、素晴らしいフィールド」であることに異論は無いのだけれど、”今後”もそう有り続けられるかは、疑問な訳で。
なんか、巧く意見が纏まらないので、出直してきます。

リニモには、乗ろうと思っていたのだけど(鉄チャンじゃないけど)、たまたま藤が丘(リニモの終点)まで送ってくれるという人がいたので、有り難くも乗り損ねました(^^;)。
リニモ、あと4000人/日乗る人が増えると採算に合うそうです。で、トヨタの幹部が言うには、「公園の駐車料金を上げなさい」。自動車会社としては思い切ったこと言うなあ。

森憎ですか。森造だと思っていた。海上の森の買収費用の300億円、県はどのように処理したのだろう。

>駐車料金上げる

 いや、トヨタの方も所詮「モノを作って、売る」
だけの会社だな~と(^^;)
 根本的に「あの跡地」には「目玉」が無いのに、
そんなことしたら客減るのにな~

 愛知県は「観光客」の為とかの視点が欠けている
と私は思っています。

 例えば「新幹線博物館」(仮称)も名古屋埠頭
とか、名古屋観光は「分散」していて、回りにくい
のに、改善がない。

 新幹線博物館も海ではなく「万博跡地」にすれば
一日遊べる観光地になるのにね・・・

モリコロパーク、まだ完成していませんから、完成後に期待しましょうか(^^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/41827509

この記事へのトラックバック一覧です: モリコロパーク:

« 海上の森 | トップページ | マイクロクレジットと消費者金融 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎