無料ブログはココログ

本の紹介

« 廃墟テーマパーク? | トップページ | 海上の森 »

2008/07/11

モディリアーニ展にて

大阪・中ノ島に人に会いにリーガロイヤルホテルに出かけた。

その帰り、せっかくだからと近くの国立国際美術館へ。ちょうど「モディリアーニ展」をやっているのだ。正直言って、モディリアーニは、そんなに好きな作家ではない。しかし、このチャンスを逃すとまた見逃す。

200807111552000                                                

会場は地下3階である。

モディリアーニと言えば、ポスターにもなっているように、肖像画が多く、しかも傾げた長い首に瞳のない目……が特徴だ。言い換えると変化に乏しく表情がない。

ところが、会場でまず見せられたのが若いころの習作とも言えるスケッチ。古代ギリシャやアフリカ、オセアニアに見られる原始を感じさせるプリミティブ・アートに影響を受けた作品群だ。
なるほど、アフリカの民俗の仮面は、みんな瞳のない目に細く伸びた首と顔だ。この影響を受けてモディリアーニの作風が生れたのか。

なかなかうまい見せ方だ。その後時代を追う中で、なかには瞳を入れた絵もあり、それが実に素敵なのだが、それでも一貫して首は異常に細長い。そのほかマリー・ローランサンの肖像画があったり「ミラボー橋」のアポリネールとお友達だったのか、など楽しみつつ、途中絵を見ながら居眠りもしつつ(^^;)、出たところに特設のミュージアムショップ。

なんと、プリミティブ・アートの作品群。アフリカの木工品やらアクセサリーやら。モディリアーニのレプリカなどは脇に寄せている。私には、こちらの方が興味あったよ(笑)。なかなか商売っ気があるではないか。

« 廃墟テーマパーク? | トップページ | 海上の森 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/41806237

この記事へのトラックバック一覧です: モディリアーニ展にて:

« 廃墟テーマパーク? | トップページ | 海上の森 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎