無料ブログはココログ

本の紹介

« 消える背板 | トップページ | 線香の香り »

2008/09/22

木粉混入食品?

事故米を食べさせたとか、ミルクにメラミン添加とか、またぞろ食品にヤバいものが混入していることが問題となっている。もはや底無しの状況だが、そんな今、私が聞き及んだ事実。

昨日は、岐阜県まで足を延ばした。土砂降りの中訪れたのは、長良川上流の山中にある某研究所。一見廃屋かと思わせる建物。う~ん、怪しい。そこでは、木粉の利用に関して研究している。

で、肝心のマッドサイエンティスト……じゃない、天才科学者(笑)と話していたのだが、そこでふと出たのが、「食べ物にも木粉は混ぜられているよ」との言葉だった。

木粉は、粒径0,5ミリの粉から0,03ミリのパウダー状までさまざまなものがあったが、これを世間ではパンやビスケット、うどんの原料などに混ぜられているというのだ。

木粉は水気に触れると7倍に膨張する。発泡材や増量材となるそうだ。

げげげ。

それらの食品に、原材料・木粉なんて書いていないだろう。

もちろん、木粉が直ちに人体に悪いとは思わない。はっきり言って無害だろう。成分にはベンゼン核を持つリグニン系の物質もあるが、体内では分解されないし、むしろ繊維質扱いになるかもしれない。でも、なあ……。

これを「木も食べられる!」とアピールすべき? 案外ダイエット食になるか。新たな木質利用法だと発表すると面白い。でも時節柄、また異物混入食品扱いにされるかも。世間は、木を食わされていたのか、と憤慨するだろうな。砂を食うより味があるだろうけど。

ことの真偽は知らないよ。誰か追跡してくれ。

« 消える背板 | トップページ | 線香の香り »

森林資源」カテゴリの記事

コメント

うちの1歳児が杉の木食べてますが、病気ひとつしたことがないので、害がないということでいいと思いま〜すhappy01[E:heart04
小さい時から食べておけば、杉花粉症にならなくていいかもしれませんねscissors
平和でない時代が来て、食べ物がなくなったら良質の吉野杉を食べる事にします。

本当に大丈夫ですかあ。あまりスギを食べさせると、そのうち髪の毛が緑になって来るかもしれませんよお(笑)。それとも真っスグ育つか……。

それは・・セルロースかな、たぶん。
木材由来なのか、他のものからなのかまでは書かれていないかもしれませんね。
食品や飲料の原材料を見てみてください。
セルロースとなら、表示されているもの随分沢山あると思います。

セルロースだったら、木粉というよりパルプかな。トイレットペーパー入り……なんて。

繊維質を取れる特保食品になるかもしれない(^o^)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/42554632

この記事へのトラックバック一覧です: 木粉混入食品?:

« 消える背板 | トップページ | 線香の香り »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎