無料ブログはココログ

本の紹介

« 雲の中の美林 | トップページ | 石のセラピー »

2008/09/27

森の赤

霧の森を歩いてたどり着いたのは……

25_2                                                 

ヒメシャラ林だった。

                                              

その明るい赤茶の幹は、白い霧に包まれた緑の森の中で人一倍映える。それも小道沿いに林立しているのだ。思わず、おおお! と声を上げたくなった。

ヒメシャラは、ヒメが名につく通り、シャラ(沙羅、サルスベリ、ナツツバキ)よりも小さな木とされているが、ここではかなりの大木が見られた。しかも全体で300本は越えているだろう。これだけのヒメシャラの群落はなかなか見られない。

森の中の赤色は、ひきたつ。輝いて見える。これを見られただけで満足。お仕事、おしまい! j思った(笑)。

ちなみに今日は、生駒山に取材。そこには彼岸花が咲き誇る。こちらも「森の赤」である。

005_3

                                            

ヒツジの白に似合う?

                                                     

※ ココログの写真が、うまく大きさを調節してアップできなくなっている。それも、かなり小さめ。以前は、かなり大きくアップできたのに。故障らしいが、早く直してくれ!

« 雲の中の美林 | トップページ | 石のセラピー »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

ココtログは使っていまませんが、画像サイズの制限を実施しているようです。
http://java.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/windows-xp-d8c1.html

写真の大きさを調節できる点も、ココログのよいところだったのになあ。早くなんとかしてほしい。
今は、無理やりアップしているのだけど。

こんばんは
ヒメシャラというのですか。見たことありそうな木ですが、名前は初めてです。
お花も咲くのですか?
生駒で羊を飼っているところがあるのですか。
どのあたりですか?
いいところですね。

ヒメシャラは、盆栽や園芸にもよく使われていますよ。サルスベリと似て、ツルツルした木肌をしています。白い花も咲きますよ。でも、その赤茶の幹が美しいんです。

ヒツジを飼っているのは、中腹の棚田地帯にしるラッキーガーデンというレストラン(別名・私の応接室)です(^o^)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/42609292

この記事へのトラックバック一覧です: 森の赤:

« 雲の中の美林 | トップページ | 石のセラピー »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎