無料ブログはココログ

本の紹介

« 割り箸素材のオーダーメイド | トップページ | 林業資本と銀行 »

2008/09/09

第3回東日本チェンソーアート競技大会

6日、7日と、山形県金山町で、第3回チェンソーアート競技大会が開かれた。結果は以下の通り。

山形新聞http://yamagata-np.jp/news/200809/08/kj_2008090800117.php

ブログhttp://1st.geocities.yahoo.co.jp/gl/dewaryuba

私の注目は、やはり北海道の木霊光さん。なんたって、北海道下川で会ってきたからである。しかも、翌日(4日)には山形に出発するというので、朝から練習している現場にお邪魔して話をしてきた。そこでは、大会で作る予定の作品を彫っていたのである。

231

                                             

テーマは、クマ。チェンソーアートの王道的テーマだ。ちょっと意外だったが、あまりに普遍的テーマゆえに「クマで入賞した人がいない」ということから、あえて選んだのだという。ただし、そのフォルムや細部の仕上げは、やはり木霊流か。

結果は、2位入賞。1位もクマであることを考えると、ちょっと残念だが、王道ゆえのつばぜり合いを感じたということになる。ちなみに上記の練習作品の素材はトドマツで、スギで彫られた大会作品とは微妙に違うな。

次は、もっとゆっくり話ができればと思う。

ただ気になるのは、安全対策。彼のアトリエは山の中で、奥に1軒民家があるというが、ほとんど車も通らない奥にある。そして彼は携帯電話を持っていなかったのだ。チェンソーの扱いだけでなく、破片が散乱している中での作業であるし、転ぶ可能性もあるだろう。ぜひとも気をつけて作業を行ってほしい。

« 割り箸素材のオーダーメイド | トップページ | 林業資本と銀行 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

その節は遠路はるばる、ご苦労様でした。
今回の大会は2位でしたが、悔しいという気持ちが全くありません。
なんか不思議な感覚で、目の前の目標が形を変えたような気がします。
まだ漠然としたものですが、そのうちハッキリすると思います。
笑いたい時は笑えばいい。
泣きたい時は泣けばいい。
くじけそうになっても、いちからやり直せばいい。
そう思えるようになりました。

ホント今度ゆっくりお話したいですね。
吉野に呼んでください。

お疲れさまでした!

練習中にお邪魔したので、練習時間を削ってしまったかな、と思っていましたが活躍しましたね。

新たな目標についても、また聞かせてください。いやあ、吉野に来てもらいたいな。特別講師として(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/42429603

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回東日本チェンソーアート競技大会:

« 割り箸素材のオーダーメイド | トップページ | 林業資本と銀行 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎