無料ブログはココログ

本の紹介

« コウヤマキ | トップページ | 精進料理の後は »

2008/09/13

地釜豆腐

昨日も携帯でブログを更新したはずなのに、なぜかアップされていないよ……。

ともかく、三途の川を再び渡って現世にもどって参りました。ちなみに三途の川は、本当に高野山の奥の院にあるのだよ。

朝の勤行から始まって、写経に数珠づくりに参拝に瞑想まで、朝から晩まで宗教づけの日々を終えて、高野山から龍神村に入った。こちらの目的は、豆腐!

朝早くから豆腐屋に通って、豆腐づくりを見学。何と言っても、薪で炊きあげた地釜豆腐なのだ。おそらく全国広しといえども、現在商業的に薪の地釜豆腐を作っているのは、本土ではここだけである。沖縄の島豆腐はあるかもしれないが……。

191                                                 

本当に手作りだから、生産量もしれている(一日60丁)のだが、これを食べるカフェも開いている。

薪で炊きあげた大豆は、どこか違うのだそう。それもスギやヒノキの間伐材と広葉樹(とくに山桃)とはまた違うという。
薪の底力だ。

醤油と塩だけで、ほとんど一丁を丸ごと食べてしまった。

200809131316000

最後の一切れ。思い出して、あわてて写真を撮った。

健康的な取材旅行だった……のかね。

« コウヤマキ | トップページ | 精進料理の後は »

森林資源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/42467506

この記事へのトラックバック一覧です: 地釜豆腐:

« コウヤマキ | トップページ | 精進料理の後は »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎