無料ブログはココログ

本の紹介

« 木粉混入食品? | トップページ | 木材界の勝ち組と負け組 »

2008/09/23

線香の香り

夕方、散歩に出た。

なんとなく、宝山寺の参道を登り始めたら、ポツポツと人が増えてきて、気がついたら参道に手づくりの灯籠が並んでいる。あれあれ、と進んでいるうちに気がついた。

今日は、万燈会だ! 仏教行事で、ロウソクなどを灯して、先祖を供養する日である。通常は寺に参拝すると、お賽銭など参拝者が供える側だろうが、この日は、寺から何かもらえる日として記憶している(^o^)。

200809231705000_2                                                 

とうとう参道を登り詰めて、門をくぐると、ちゃんとジュースをいただきましたよ。そして、なんというんだろ、首に「万燈会」の印をかけてもらう。

境内は、いくつも線香が焚かれている。その煙でいぶされる気持ち。この香りも、一種のアロマだろうか。

                                                                                      200809231742000

ところで、線香にはスギの葉から作られたものがあることをご存じだろうか。高価なものは白檀など香木の木粉が混ざっているそうだが、安物?にはスギの葉を使うらしい。普段気にせず焚いている線香も、スギの香りなのかもしれない。
ここで、スギの葉も十分に商品化できる資源なのだと認識。 私は、高野山で思わず買ってしまった。ときどき仕事場で匂っている(^o^)。これもスギ・アロマだろうか。

宝山寺で、その香りを思い出してしまったのであった。                                          

                                           

200809231729000                                             

                                             

宝山寺は修験系だから、護摩供養もある。法要が終わると、奥の院まで僧を参拝する。みんな後ろに連なって一緒に参拝するのだが、さすがに私はご遠慮しておいた。

ジュースを飲んで、下山することにした。帰りは、山の中を通って行った。暗闇の山道を歩くと、なぜか癒された(^o^)。

« 木粉混入食品? | トップページ | 木材界の勝ち組と負け組 »

森林資源」カテゴリの記事

コメント

宝山寺ってこんなこともやっているんですね。
興味深いです。

スギの蚊取線香もありましたよ。
ぐるぐるまきで、色がちょっと薄いの。
今は売ってないのかなあ。

スギの香りの蚊取り線香ですか。手づくりできないかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/42572391

この記事へのトラックバック一覧です: 線香の香り:

« 木粉混入食品? | トップページ | 木材界の勝ち組と負け組 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎