無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 野生動物による田舎度判定法 | トップページ | 人工林面積を考える »

2008/10/19

秘密の?割り箸生産国

国産割り箸に注目が集まっている、という紹介をしてきたが、今日は少し水を差す(笑)。

中国が輸出を止めると言われたときは、輸入商社はロシアの沿海州やベトナムへ工場を移し始めた。結果的に中国からの輸入は続いているが、これらの新工場もたたむことなく、生産しているのだろう。

実は、最近新たな割り箸の生産国を知った。

どこだと思う?

ちょっと意外だったな。

それは……チリ。そう、南米である。日本から見て地球の裏側である。

針葉樹林のある地域だし、木材を輸入することがあることは確認していたが、割り箸とはねえ。やっぱり安いのだそうだ。中国一辺倒の輸入先を分散するのはリスク管理的には賛成だが、ウッドマイルズ的には遠いなあ。

実はチリから割り箸を生産輸入するのは今に始まったことではなく、かなり昔からやっていたようだ。それもそこそこの量を出している。

いくら割り箸の供給不安が起きても、国内で生産強化して補おうという動きに一足飛びにはつながらない。

ちなみに、これまで確認した珍しい割り箸輸入国は、パプア・ニューギニアに始まり、アメリカ、カナダ、メキシコ、北朝鮮、インド、パキスタン、南アフリカ、チェコ……。すぐに途切れたところもあれば、結構続いたところまで、さまざまだ。

« 野生動物による田舎度判定法 | トップページ | 人工林面積を考える »

割り箸」カテゴリの記事

コメント

お早うございます
チリからは、毎月定期的に入荷されてます。10年以上は経ってます。
モンゴルもありそうですよ

そうですね。割り箸輸入統計を調べてみると、10年以上前から、かなりの量が入っているんですね。中国以外では、大手の生産国でした。

モンゴルもですか。原木供給だけでなく、生産も始めているんですか。世界に広がる割り箸の輪! ……なんて喜んでいられない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秘密の?割り箸生産国:

» 奈良の木材・木製品 [日々ほぼ好日]
奈良県下で木材・木製品を商う企業の展示を見てきた。10/16〜17に催された地元銀行主催のビジネスフェア(展示商談会・全91社)に、4社出展されていたのだ。 1社目は、冒頭の写真左端のダイワ産業(株)(高市郡高取町)。ひのきチップの応用品を作っている。同社のHPには《林業・木工業の盛んな奈良県南部では古くから地場産業として、様々な木製品が作られてきました》。 《良質な木材と伝統の技にのみ頼るのではなく、常に新しい技術を研究開発していく姿勢を持つことが大事であると考えています。木材の研究機関である... [続きを読む]

« 野生動物による田舎度判定法 | トップページ | 人工林面積を考える »

July 2019
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎