無料ブログはココログ

本の紹介

« 明治神宮の大鳥居 | トップページ | 引っ越しの日 »

2008/10/12

「分権・共生社会の森林ガバナンス」……書評未満?

1週間近く家を空けて、山形から始まって東京の山奥、そして歌舞伎町(^o^)とほっつき歩いて、ようやく自宅に帰ると膨大な事務仕事が溜まっている。ため息つきつつ、朝から片づけていた。本当は、原稿だって溜まっているんだけどな。

ところで、東京で目についたので購入したのが
「分権・共生社会の森林ガバナンス」(風行社 西尾隆・編)

なんだか難しそうな書名だが、パラパラめくると、日本とアジアの森林と林業について、幾人かの大学研究者が執筆しているらしい。制度や地域社会の観点から記している様子だったので、手にしたのである。

もちろん、昨日の今日である。まったく読んでいない。ただ、目次を見ていると、

第3章 制度改革・地域再編下の日本の森林と林業 の中に、

森林をめぐる「神話」

という節があった。そこには 2,間伐材と割り箸論争 という項目を目にする。

おやおや、割り箸論争を取り上げているのか、と感心する。マイ箸とか中国製吉野杉割り箸まで紹介している。加えて、1,日本の「森林荒廃」 とか、3,「高価な国産材」 などもある。日本の森林は世界有数でほとんど荒廃していないことや、国産材は高くないことを記しているのだが、これらはいずれも『森林からのニッポン再生』に書いたことだ。

あれ? と思っていると、注に拙著『割り箸はもったいない?』が紹介されていた。

わはは、と苦笑していたのだが、そこで気がついた。『割り箸はもったいない?』の著者名が、田中敦夫 となっているのだ!

う~ん、やられてしまった。この漢字誤記は、しょっちゅうなのである。

抗議して訂正を要求するほど今の私に元気や暇はないけれど、ここにしっかり記しておこう(^o^)。

だから、これは書評ではないよ。

« 明治神宮の大鳥居 | トップページ | 引っ越しの日 »

書評・反響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/42764550

この記事へのトラックバック一覧です: 「分権・共生社会の森林ガバナンス」……書評未満?:

« 明治神宮の大鳥居 | トップページ | 引っ越しの日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎