無料ブログはココログ

本の紹介

« 木造住宅裁判 | トップページ | 森林美学 »

2008/10/27

雨の日の焚き火

昨日は、朝の6時から夜の8時まで取材で出かけていた。

で、移動の乗り物と取材で入った建物の中以外は、ずっと雨の野外。小雨だったけど、これは結構きつかった。
あるNPOの主催するイベントで、森で木を伐って、それを薪割りするという内容につきあっていたのだが、寒いし、濡れるし、座れないから疲れるし、たまたま足で折ろうと踏み込んだ木が跳ねて右足の間接を直撃、じんじんしびれるほど痛いし……。

その中で、私の慰めは焚き火だった(^o^)。

伐採風景は、私が立ち会っても邪魔だろうし、私にとっても見慣れている?ので退屈。そこで、昼飯用に焚き火をするというので、私はこちらにつきあった。

雨の中でも、焚き火は難しくない。もともと多少の乾いた薪と落葉を持参されていたので、すぐに火をおこした。地面に薪を引いて、その上に粗朶を乗せて一気に火力を付けると、その上に濡れた薪を積み上げて、乾かしながら燃やすのがコツである。

103

おかげで雨の中の焚き火で温まることができた。そしてダッチオーブンが持ち込まれて、焼き芋とみそ汁が作られた。ほっ。

                               

104_2

102_2

                                         

                                      

                                     

※画像の表示の仕方を以前と同じようにもどしました。画像をクリックしてください。

                                            

« 木造住宅裁判 | トップページ | 森林美学 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/42926391

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日の焚き火:

« 木造住宅裁判 | トップページ | 森林美学 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎