無料ブログはココログ

本の紹介

« 地域づくりの打ち上げ花火 | トップページ | 野生動物による田舎度判定法 »

2008/10/17

白い彼岸花

先日、高知に行った際に、白い彼岸花を見かけた。

思わず叫んだが、他人の運転する車だったので、止まってゆっくり観察することも撮影することもできなかった。

それでも、赤い彼岸花に混じって、かなりの量の白い花が咲いていた。形は彼岸花だったのは間違いない。

そうか、白い彼岸花もあるんだ。変種か亜種か……と思っていた。

ところが、たまたま資料の整理をしていたら、昔の新聞の切り抜きを見つけた。今から14年前の記事である。
それは、赤い彼岸花の中に白い花が増えている、というニュースだった。初めて見つかったは京都の盆地内。白や白い縁入り花弁の彼岸花だそうだ。その後、熊本、千葉でも見つかったという。

そこで新品種として学名も付けられた。和名は、ワラベノカンザシ、白縁はニシキヒガンバナとなったそうだ。

ところが、その白い彼岸花を栽培すると、翌年には半数が、翌々年には全部、普通の彼岸花になってしまった。染色体も通常の彼岸花と違わない。

そこで、白い花は、農薬か除草剤の影響か、ウイルス感染の変異だと考えられている。白い花も美しいと思っていたが、そう単純に新種発見とは喜べない。案外、環境要因による変異というのは多いかも。

う~ん。あの白い彼岸花、写真撮れていたら貴重だったかも……。

せっかくだから、正常な彼岸花の写真を。

2

« 地域づくりの打ち上げ花火 | トップページ | 野生動物による田舎度判定法 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。
裏ブログばかり遊びに行って久しぶりに表にきました。
多分、それは「ショウキズイセン」との交雑種ではないでしょうか。
「シロバナマンジュシャゲ」で検索してみてください。

そうか、14年前の記事どおりとも限らないのか。

私は車窓から眺めただけなので、十分な観察はしていないんですが、各地から情報が寄せられて、かなり白い彼岸花は増えているようですね。

それにしても裏プログばかりというのは……┐('~`;)┌

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/42820012

この記事へのトラックバック一覧です: 白い彼岸花:

« 地域づくりの打ち上げ花火 | トップページ | 野生動物による田舎度判定法 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎