無料ブログはココログ

本の紹介

« 「分権・共生社会の森林ガバナンス」……書評未満? | トップページ | 落書き »

2008/10/13

引っ越しの日

10月13日は何の日か知っているだろうか。

「体育の日」だけではない、「引っ越しの日」だそうである。なぜなら、140年前のこの日に、明治天皇が京都御所から現在の皇居(当時の江戸城)に引っ越したから。俗に言う遷都だが、実はちゃんとした手続きを踏んでいないから、とくに京都の人間は「単なる引っ越し」という(笑)。
ともあれ当時の公家さんは、関東に足を踏み入れて何を感じただろうか。

先日、山形から新潟を抜け、群馬を抜け、埼玉近辺から関東平野に入ったと感じたが、山また山の風景が、だだっぴろい関東平野に変わった時は何となく「ここまで来たか」という感慨があった。いや、5時間を越える長旅に疲れていたんだけどね。それにしても、関東平野は、日本列島で最大の平野であり、十分な広がりのある唯一の沖積平野である。本当の意味での地平線が見える可能性があるのは、日本でここだけだ。

関東平野に生まれ住んだ人以外は、東京に入ってしばらくは気になることがあるという。「山が見えない」ことだ。それが精神的にまいると言う人は意外と多い。私も、長く滞在すると、そんな気分になったことがある。

どんな都会にいても、日本の他の地域なら、少し高いビルの窓から見渡せば、たいてい山が見える。しかし関東平野に入ると、視界に山はほとんど入らない。天気がよければ富士山辺りが見えるそうだが、それもあまり期待できない。何気なく普段目に入っている地形がないと、落ち着かなくなるものだ。これが精神に及ぼす影響は、案外大きいと思う。

明治天皇も、しばらくは神経衰弱になったのではないか(^^;)。

ちなみに、私は関東平野から一気に奥多摩に入ったから、その山の険しさに驚いた。ほとんど紀伊半島並。東京も広い。

ところで明治神宮を訪れた後に、私は日比谷公園を訪れようかと考えていた。なぜなら日本初の洋風公園である日比谷公園は、本多静六の設計だからだ。

奥多摩を東京の水源として森林整備を進めたのも本多静六なら、明治神宮の造営設計を担当したのも本多静六。本多つながりのつもりだった。
しかし、当日、日比谷公園では鉄道イベントが開かれる吊り広告をJRの車両で目にした。ごった返している中、ザック背負った大人が一人歩いていたら、鉄道オタクと思われそうで止めた……。

なお10月14日は、鉄道記念日。1872年10月14日に新橋駅と横浜駅を結んだ日本初の鉄道が開業したからである。

« 「分権・共生社会の森林ガバナンス」……書評未満? | トップページ | 落書き »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/42775781

この記事へのトラックバック一覧です: 引っ越しの日:

« 「分権・共生社会の森林ガバナンス」……書評未満? | トップページ | 落書き »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎