無料ブログはココログ

本の紹介

« なぜ列状間伐を嫌うのか | トップページ | 中野美術館 »

2008/11/29

葉の造形

Photo 家の前に飛んできた落葉。

桜の葉だが、この虫食いの穴に魅せられて、思わず拾ってしまった。ちょっぴり自然の造形を楽しめる。

                                                   

                                                

                                               

1 こちらの葉は、高野山で見かけたミズヒキの葉だ。すべてに黒い斑が入っているわけではないが、なぜか左右対称。そのため、お坊さんが、この葉で筆を拭いたからとさえ「フデフキソウ」という異名もある。

ちなみにフデフキソウは、ミズヒキだけでなく、同じような斑入りの葉を持つ草ならどれでもそう呼ぶ。

Photo_2

散歩に出て迷い込んだ路地の奥に、思いがけずカエデの巨木を発見。その赤は薄汚れた路地を華やかに彩っていた。

                                                 

そろそろ玄関先や庭の鉢植えを、寒風から守るため室内に移さないといけない。

« なぜ列状間伐を嫌うのか | トップページ | 中野美術館 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/43264640

この記事へのトラックバック一覧です: 葉の造形:

« なぜ列状間伐を嫌うのか | トップページ | 中野美術館 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎