無料ブログはココログ

本の紹介

« アド箸の裏側 | トップページ | 年賀状 »

2008/12/22

ブログ紹介

世間では、年の瀬の休暇の谷間。

まあ、私には関係ないんだけどねえ。

そこで、ちょっと林業関係のブログを紹介。

森田稲子のブログ

会員制寄稿誌「日本の森林を考える」編集長のブログである。

長く林業と向き合ってきた人だから、結構林業界の裏話が出る。ン十年前の林業界の意識はこうだったんだ、という点でも勉強になる。もちろん、現在進行形の話もある。

ちなみに「日本の森林を考える」は、年間4冊発行。会費は1万5000円。高い? 私も先日、泣きを入れながら払いました(^^;)。会員にならないと読めないのはもちろんだが、執筆も会員にならないとできない。私にとっては、お金を払って原稿書いてる媒体になる。

でも、かなりディープな情報や論戦が載っている。日吉町森林組合がメジャーになるきっかけだって、この誌に寄稿があったからじゃないかな。読者(会員)は、森林組合や研究者、官公庁の人が多いような気がする。
その発行者兼編集長のブログである。

« アド箸の裏側 | トップページ | 年賀状 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

1.5万は高いですね。
機械化林業現代林業大日本○○から森林利用学会に林経とか、この手の業界誌は私が見てもわかりませんね。
森林プランナーとか出てきますが、森林ファンドで動かすと面白いかも。
ま、山師ですわ。

一冊2千円で非会員でも読めますよ。ということは年間8千円。しかし、この一冊2千円も、ぼくにとっては高額でしたね。2千円の単行本って、もっと大量の情報やら考察がありますからね。
これなら、もっと安くしてネット上で有料配布したほうが読者増えると思いますが。有料メルマガとかで。

そうか、読むだけならほぼ半額か(x_x)。
差額の7000円は執筆(させてもらう)料?

この会誌は、ほかに載っていない情報があることが価値なんですよ。そもそも林業関係の時事的な論説を扱う雑誌はほとんどない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/43498931

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ紹介:

« アド箸の裏側 | トップページ | 年賀状 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎