無料ブログはココログ

本の紹介

« 大径木の値段 | トップページ | テンプレート変更…… »

2008/12/10

200年住宅

国土交通省が提唱する超長期優良住宅、いわゆる200年住宅の先導的モデルとやらが発表になっている。

やはり新築、それも木造住宅が多いらしい。それ自体はいいのだが、どうも解せない。というのは、そこで語られる200年の寿命とは、まず強度である。耐震性などを重視しているようだが、それは当たり前だろう。しかし木造は、本来そんなに長持ちするだろうか。
そう言うと、すぐに法隆寺なんぞを持ち出されるが、あれが1000年保っているのはしょっちゅう修繕しているからだし、その度に部材は交換している。そして莫大な補修費をかけている。

住宅は、そうまでして維持すべきものか?

たしかに日本の住宅の寿命が平均30年を切るのは短すぎるとは思うものの、ライフスタイル自体の時代の変化もある。今から30年前の住宅と比べると、現代はパソコンなどのネットワークが必需品だから、住宅もインテリジェント化が求められる。

ただ、私が気にするのは、住む人の趣向でありデザインだ。どんなに強固で便利で合理的な構造でも、自分の感性に合わないと住みたくない。親の建てた和風住宅はいやだ、という子供もいるだろう。

実は、私自身がその問題に直面している。私の両親は今だ健在で近くに家を構えているが、もういい年だから同居も考えないといけない。しかし、両親の家のどこに私が仕事場を構えるのだ? と悩んでしまう。それなりに仕事のしやすい(そして生活もしやすい)環境にしようと思ったら大改造が必要だが、それを両親が認めるとは思えない(-.-)。どうせなら両親がいなくなってから、自分好みに建て替えて住みたいと思ってしまう(~_~;)。

そこに日本人的な、代が変われば新しい器を求める感性もあるように思う。

200年住めます、と言われても、30年前の住宅には住みたくないです、と思っている人も少なくないのではないか。そもそも子供の代が同じ場所に住むとも限らない。田舎暮らしに憧れる夫婦の子供は、ほとんど都会に憧れる(^^;)という事実もある。

無理して長期住宅を設定するより、解体の楽な(環境に優しい)建築方法を開発するとか、中古建材の流通機構を整備する方がよいのではないか。また同じ家族・親族が住み続けると設定するよりも、持主が変わることを前提にした、中古住宅の取引市場を活発化する方がよいのではないか。
さらに日曜大工的リフォーム素材の充実のような、安上がりで自分好みを実現しやすいリノベーション市場を作るのも面白いかもしれない。

« 大径木の値段 | トップページ | テンプレート変更…… »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/43381408

この記事へのトラックバック一覧です: 200年住宅:

» 材料と製造工程 [念を入れる]
焼酎やせんべいや和菓子を見て、この中に汚染米が入っているかどうかを判断できる人はおりません。知らぬ間に危ないものを口に入れているのでしょう。 [続きを読む]

» 田舎暮らし [田舎暮らし]
田舎暮らしについての情報です。 [続きを読む]

« 大径木の値段 | トップページ | テンプレート変更…… »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎