無料ブログはココログ

本の紹介

« 使い捨ての作業路 | トップページ | 「失業者を農業へ」を望む人々 »

2009/01/17

老後と勝ち組

なんだか身体がだるい。風邪を引いたか、二日酔いか……。

そんなときに、出版原稿がいよいよ佳境だ。来週火曜日がタイムリミット。

原稿だけなら、なんとしてでも間に合わせるが、今回はカラー写真も豊富に入り、レイアウトも関係してくるので、結構きつい作業となっている。カラーページの入れ方や、キャプションまで考えないといけない。おそらく、初校・再校も厳しい状況になるだろう。一日でも遅れたら3月の発売日に間に合わない、と申し渡されている(x_x)。

しかも来週からは、もう1冊の本の準備も始まる。一方で連載の取材もしていないし、どうしよう……。2月3月は泣かねばならないかもしれない。

昨夜は、友人のカメラマンと新年会のようなもの。近況は、どちらも仕事をたくさん抱えて首が回らないほどなのだが、いろいろ愚痴を言い合って、ついでに老後の心配をし合う。食えなくなったらどうする? 高齢者になっても仕事の発注ある? どうせ年金もないしなあ……と、お互いメッチャ弱気(~_~;)。

それでも「とりあえずフリーで20年も30年も生きて来れたのだから、『勝ち組』でしょ」という結論になった。
そう、今や生き残ること自体が勝ち組の条件なのだ。今後、まだまだ経済状況は厳しくなると睨んでいるが、まず生き残ろう。そして数年後に訪れるであろう曙光を見たい。

え? もちろんこれは、林業の話だよ。

« 使い捨ての作業路 | トップページ | 「失業者を農業へ」を望む人々 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
突然ですが、2月に北海道へおこしになるのですか?
冬山造材の、現場も見て下さい。

先日、正式に決まりました。2月19日の「天塩川流域森づくりの集い」に招かれました。
冬山造材の現場を見る機会があるといいですね。

今から防寒具どうする? と悩んでいます。マイナス30度の世界も体験できることを楽しみにしています。

あと、毛ガニも(^o^)。

天塩川流域森づくりの集いって一体なんですか?

なんて関係者がやると、ブログが炎上しかねないのでやめときます。

北国でお待ちしております。
会えるのを楽しみにしております。

マイナス30度は最近では相当運が良くないと体験できないですね。

せいぜい20度ぐらいでしょうか?

毛ガニの件、明日の会議の議題に載せておきます。

すぎちんさんは、「集い」関係者でしたか。

毛ガニ、無理は言いません。タラバガニでも……(~_~)\(-_-メ;)

天塩川流域の森林・林業関係者の全てが「集い」関係者なんです・・・

なんて言えるようになればいいなと思っています。

お話非常に楽しみにしております。

ごぶさた失礼、岩井拓実です。

昨年よりJTBカルチャー倶楽部のスタッフをしています。

新講座として「森遊び」を企画中です。

関東で、講師の先生を探していますが、
見つかりません。

どなたかご紹介いただけないでしょうか。

突然のお願いですが、どうかよろしくお願いします。

PS

「春ラン蘇生フォーラム」
http://www.with-shunnran.inを視野に入れて、

「タネから楽しむ野草入門」を野草保全活動家の女性講師を先生に4月開講に繋ぎました。

いよいよ野草再生活動元年が始まります。

こんなコメント欄で、「お願い」しないでください(苦笑)。

関東なら、森遊びの達人は、いくらでもいると思いますけどね。プロもたくさんいます。環境教育の集会などで、もっとも野人肌で元気なのは、東京人だと言われています。

関西なら心当たりあるけど、関東は直接紹介できないなあ。

お世話になります。

情報、ありがとうございます。

関東で再度、探します。

メルアドが見当たらず、失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/43766892

この記事へのトラックバック一覧です: 老後と勝ち組:

« 使い捨ての作業路 | トップページ | 「失業者を農業へ」を望む人々 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎