無料ブログはココログ

本の紹介

« 田舎で働き隊!の募集 | トップページ | 日本の農林業は理想的、かも »

2009/02/12

世界最古の木

世知辛い話題ばかりではイヤになるから、たまたま見つけたこんなネタ。

世界最古の生きた樹木が、なんとスウェーデンで発見されたらしい。ドイツトウヒらしいのだが、なんと樹齢9550年だというのだ。

これまで世界最古、もっとも長寿齢の木と言えば、アメリカカリフォルニア州ホワイトマウンテンのブリスルコーン・パインだとされてきた。その樹齢は、約5100年。ただし、この木は枯れている。生きた樹木としては、この木の近くにあるメスーゼラと名付けられたブリストルコーンである。こちらで4600年くらいとされている。これらは年輪を計測して確認されている。

ところが、今回発見されたのは、ダラルナ州の標高910メートルの当たり。面白いのは、高さ4メートルの樹木のうち、地上部分は古くはなく、幹の部分の寿命は約600年だということだ。ところが根系は、9550年間にわたって成長してきたというのだ。これは根に対し、放射性炭素年代測定法で測定した結果わかったもの。

ようするに、幹の部分が枯れても、根から次の芽が出てまた成長したということ。これを一つの木の寿命と見るべきなのか疑問もある。そもそも研究チームは、スウェーデン国内のほかの古いトウヒも調べたところ、のきなみ樹齢は5000~6000年あったらしい。つまり、樹木の寿命が根本的に見直さねばならないわけだ。

だったら、日本の巨木も計測し直すと面白いかも。縄文杉の寿命も延びるかもしれない。あるいは北山杉のように台杉、つまり切り口から枝が出て生長する木も延びる可能性がある。

ともあれ、1万年に近い寿命を持つ生命体が存在したことはたしかのようだ。

« 田舎で働き隊!の募集 | トップページ | 日本の農林業は理想的、かも »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/44036047

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最古の木:

« 田舎で働き隊!の募集 | トップページ | 日本の農林業は理想的、かも »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎