無料ブログはココログ

本の紹介

« 司馬遼太郎記念館 | トップページ | 森林療法は、地域づくりの手段になるか »

2009/03/17

ようやく書店で発見

これまで『森を歩く 森林セラピーへのいざない』を、書店で見たことがなかった。

生駒はもちろん、折に触れて書店が目に入れば、店内を一巡して探すのだが、全然見当たらない。角川SSC新書のコーナーはあるのに並ばないというのは、カラー版だから別のコーナーなのか……? と不思議。

で、今日は奈良市内の書店でようやく発見。

200903171635000                                                

平積みなのだが、残り2冊。それが周りの10冊以上積み上げられた塔の合間にあって、ほとんど目立たない。

そこで、一番端に移した。これで多少は目につくか。本当は先頭の列に移したかったのだが、そこはほかの出版社の列なので、遠慮した(^^ゞ。

残り2冊というのは、よく売れていると見るべきか、補充されていないと見るべきか。

ともあれ、店頭営業は続く。

« 司馬遼太郎記念館 | トップページ | 森林療法は、地域づくりの手段になるか »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

あ~、なんだか控え目な、、、
これだけブームになっている内容なのに、この書店さんは消極的ですね。
娘が○×屋書店にいたころなら、しっかりいくつも山積みさせるところなのですが。(家族が勝手に出来る訳ないですね^^;)
私も頑張って探して拝読させて頂きます。
あちこちの書店に「こういう本ありますか?」作戦を仕掛けましょうか。happy01
多くの人に森林に対する正しい認識をもってもらいたいですね。

本当は、著者でも勝手に書棚をいじっちゃいけない(^^;)。ゲリラ的行為です。

ぜひ、書店の声かけをお願いします。それが一番効果的だそうです。でも、それで本があったら買わなくちゃいけなくなる……。
ご協力、感謝します。

今週号の東洋経済誌巻末の新書紹介コーナーにも載っていました
こんな時代のビジネスマンには癒しが必要ということでしょうか?

ありがとうございます。
「東洋経済」ですか。さっそく確認しておきます。ビジネス誌は想定外?だった(笑)。

実際、こちらの知らないまま載っている書評はあると思うんです。発見するのが大変なので、こうした情報は有り難いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/44379297

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく書店で発見:

« 司馬遼太郎記念館 | トップページ | 森林療法は、地域づくりの手段になるか »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎