無料ブログはココログ

本の紹介

« 北欧バイオマスエネルギーの裏側 | トップページ | ようやく書店で発見 »

2009/03/16

司馬遼太郎記念館

昨日、散歩に出て、なぜか東大阪の街をぶらついた。

駅前から菜の花がいっぱい並べられている。街角にも、プランターで菜の花がいっぱい。ちょうど黄色い花を満開にしており、すすけた下町が鮮やかな色に彩られていた。

そして寄ったのが、司馬遼太郎記念館。

私は熱烈な司馬ファンではない。読んだ本もさほど多くない。しかし、やはり興味のある人物だし、記念館には一度は来たかった。

それはフツーの住宅街の中に忽然とあった。だが、なかには菜の花がいっぱい。

Photo

そうか。「菜の花忌」だ。司馬遼太郎の命日(2月12日)は、菜の花忌と呼ばれているのだ。ただ2月では、まだ花は咲いていまい。暖冬の今年は、今が花盛りであった。

住まいの書斎が外から眺められるようになっているほか、隣に記念館がある。写真では平屋のようだが、実は地下式だ。

入ると、高さ11mの書庫がある。見下ろす形になる。

内部の写真撮影は禁止なので、パンフレットを掲載しよう。

Img017

これが見たかった。圧倒される本の壁だ。ここに2万冊あるというが、「イメージ展示」という言葉を使っているから、全部本物ではないのかもしれない。ただ、目の前の本は本物で、私が持っているものや読みたいものがあったので、思わず手に取ってしまいたくなった。図書館ではないんだ、と、気がつく。

実際は、自宅の書庫に6万冊あるのだそうだ。我が家にも書庫が欲しいと思っているだけに、羨ましいを通り越している。

案内のボランティアもいっぱいいるのだが、そのおばちゃんは、「本当にみんな集めたんでしょうかね」とつぶやく。「それを言っちゃあ、オシマイでしょ」と思わず突っ込んでしまった。

あと、天井のコンクリートに浮き出た染みを教わった。その輪郭は、ある人物そっくり。

問われた人の10人中10人が、「竜馬だ!」

« 北欧バイオマスエネルギーの裏側 | トップページ | ようやく書店で発見 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/44364727

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬遼太郎記念館:

« 北欧バイオマスエネルギーの裏側 | トップページ | ようやく書店で発見 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎