無料ブログはココログ

本の紹介

« 森林のCO2吸収量は減る | トップページ | 『森を歩く』裏話2 »

2009/03/01

『森を歩く』裏話1

とうとう3月だ。

3月10日には、『森を歩く ~森林セラピーへのいざない~』(角川SSC新書)が出版される。そこで出版記念に? 少しずつ、この本を執筆するに際しての裏話を書いていこう。また森林療法についても本に書き切れなかったことに触れたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず初回は、執筆のきっかけから。

珍しいのは、この本の執筆は依頼から始まっていることである。私の場合、書籍に関しては多くが私自身の企画によるものが多い。たまに大雑把なテーマで依頼されても、その後私の意見と編集部が摺り合わせて企画を作り上げる。

ところが今回は、いきなり大命題としての「森林セラピーの本を書きませんか」という依頼からスタートした。

この依頼があったとき、実は私は東京にいた。前日に全国町村会で講演を行い、その晩はホテルに泊まった。そして翌朝、チェックアウトする前に、ロビーのパソコンでメールチェックした。すると、いくつか雑報的なメールの中に、角川SSコミュニケーションズからの依頼が混じっていたのである。

私のその日の予定は、ホテル隣の国会議事堂見学(^^;)だけ。そして午後には帰る予定だった。そこで、その場で出版社に電話を入れた。幸い編集者はすぐにつかまり、その日の午後には顔合わせすることになったのである。

場所は神田。編集者は女性である。担当編集者が女性なのも、私には初めての経験だった。

もっとも、これですんなり決まったわけではない。実は私なりに森林療法、森林セラピーに関しては考えるところがあり、まだ承諾したわけではなかったからである。

« 森林のCO2吸収量は減る | トップページ | 『森を歩く』裏話2 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/44208817

この記事へのトラックバック一覧です: 『森を歩く』裏話1:

« 森林のCO2吸収量は減る | トップページ | 『森を歩く』裏話2 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎