無料ブログはココログ

本の紹介

« 漫画のセリフで「木を燃やすとCO2」 | トップページ | 「世界遺産の森林を守ろう基金」から考える »

2009/03/12

「意外と」売れている(^^;)

『森を歩く 森林セラピーへのいざない』の編集者と電話で話す。

「出足、好調です。意外と売れていますよ!」

おいおい、なんで「意外と」が付くのだ(笑)。

まあ、本音かも。実は私も、この手の本は、いきなり火がついて売れる本とは思っていない。森林の本全般がそうだし、今回はガイド本的要素もあるし、徐々に評判になればいいかな、と思っていた。ところが「意外と」出足好調だそうだ。

主に30代以上の男女に売れているという。男の方が、多めとか。

やっぱりストレスで疲れているのかな。この不景気で閉塞状態の社会では、ストレスもたまる。都会を捨てて、森の夢を見る人も増えているのだろう。

急ぎ、ホームページを作り直した。『森を歩く』のコーナーも作る。

いつも一章分の記事を掲載するのだが、今回は迷った末に「はじめに」と「あとがき」の二つを載せる。本文は、連続性が強い第一部と第三部は引用しづらいし、第二部は各地のルポだから、一地域を取り上げるのは控えた。

急ごしらえだがら、少しずつ修正していこう。

今週中には、全国の書店に並ぶはずだから、勢い付けばいいんだけど。

※追伸・今日(12日)の新聞(朝日ほか)に、広告が載りました。角川SSC新書の新刊広告です。
うち、カラー新書は2冊。その一方です。

« 漫画のセリフで「木を燃やすとCO2」 | トップページ | 「世界遺産の森林を守ろう基金」から考える »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

買いました~。

ありがとうございます!

感想聞かせてくださいね。「つまらなかった」場合は、メールで(笑)。

感想です。

森林セラピー基地ってどんなのか知らなかったのですけど、
詳しい文章と素敵な写真でイメージが湧きました。
読みながら、頭の中では、森林セラピー基地を訪れたつもりになって歩いていました。

こんな眺めのいいところで
コーヒー飲んだらおいしいだろうな。とか、
おむすび食べたらおいしいだろうな。とか
想像しました。

森の中で歌ったり、楽器(オカリナとか打楽器類とか自然に似合うタイプの)演奏を教えてもらったら気持ちいいだろうなと思いましたが、
音を出すのは、もしかして森の動物とかによくないですか?
昔、子供が小さいとき林の中で、それはそれは気持ちよさげに、棒で倒木を叩きながら即興の歌を歌っていたのを思い出しまして・・・。

ガイドさんは主に男性の方でしょうか?
個人的にはかっこいい男の人だとドキドキしそうなので・・・・普通のおばさん~おばあさんがいいんですが。そんな方が、一休みしたときにおむすびなんか出してくれたら、佐藤初女さん(おむすびで人を癒しちゃうそうです)のおむすびくらい効果があって癒されそうです。(胃袋を攻められると弱い・・・)

などとどんどん想像し、出かけないのに楽しませてもらってます。ありがとうございます。

早いなあ(笑)。

森林療法の中には、森の中で楽器を演奏したり歌を歌う音楽セラピーもあるんですよ。子供が歌うのは、まさにセラピーになるのではないでしょうか。音で困る動物はいないと思うなあ。

ガイドは男性が多いですが、女性もいます。イケメン・ガイドでは癒されないですか? 男は、癒しより見目麗しいガイドを求めそう……。
信濃町では、女性の方が多かったような……。各地で開かれるガイド養成講座には、女性の参加が多いそうです。
私は、森の中でハーブティとビスケット、手づくりのジャムやチーズをいただきました。

情けないことに、イケメンや美人さんの前では
緊張してしまう習性がありまして・・・。

熊(♀)さんの前に立ってみたい。緊張してくれ(笑)。私が緊張したりして。

一気に読ませていただきました。
まず一言。
読みやすかった。カラー写真に癒されますね。この本、まれにみる良書だと思いますよ。うちの御客様にも紹介しておきます。うちの御客様なら興味津々のはず。
 でも、本当に読ませたいのは、地元観光関係の連中なんだよなあ。この本には、いろんなヒントがあるからねえ。だからブログで紹介させてもらいました。

次回作にも期待してます!

トラックバック、ありがとうございます。北軽井沢なら、森林療法にぴったりの森が広がっていますから、ぜひ試してください。
お客さんにもよろしくね(^o^)。

あっ、地元観光関係者にも……(^^;)。

買いました。わがチーム12人で「セラピーガイド・セラピスト」の試験を受け、富山に新しく認定される基地での活動をする予定です。プログラムも作っていろいろ取り組むので本は参考になります♪

まだ富山の認定前だから富山の地図とか情報が掲載されてないのが残念でした・・・・本を参考に、県外を視察して、よいセラピープログラムを作りたいなぁ!

おお、セラピー関係者とその希望者という読者層が広がっていましたか。これは気がつかなかった。
今後、セラピスト試験を受験するための必読文献に採用されないかしら。

富山県、内定しましたね。ぜひ、12人で12冊買ってください(^^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/44318447

この記事へのトラックバック一覧です: 「意外と」売れている(^^;):

« 漫画のセリフで「木を燃やすとCO2」 | トップページ | 「世界遺産の森林を守ろう基金」から考える »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎